「フードコーディネーター」として仕事につくためには?

フードコーディネーターから広がるキャリア

フードコーディネーターの仕事は幅広く、「食」の多様化に伴い、様々な分野で活躍できるだけでなく、自宅で教室やサロンを開く人も。

雑誌や広告の写真撮影や料理番組、CM撮影など「食」を演出するスタイリストとしての役割や記事や雑誌の執筆、レストラン・旅館などのメニュー開発、最近ではコンビニやデパ地下お惣菜のアドバイザーなど、「食」の多様化がすすみ、ますます「フードコーディネーター」の需要は高まっています。さらに、独自に研究をし教室やサロンを開く人もいます。

しかしながら、資格取得=仕事がある、というわけではありません。フードコーディネーター3級の取得で、フードコーディネーターへの第一歩を踏み出したのです。未経験だけれど、仕事にしたい…という思いがあるなら、人脈や求人情報を入手するためにも、フードコーディネーター養成スクールを検討したほうがよいでしょう。

養成スクールには、「フードコーディネーター資格」取得のためのスクール、料理教室、調理の専門校などがあります。

試験実施団体である「フードコーディネーター協会」の認定校であれば、卒業もしくは講座修了と同時に3級資格を得ることができます。確実な資格取得と調理を学ぶことを考えるのであれば、認定校へ通うことが早道といえそうです。
赤堀料理学園
その他の認定校

「食」に関する資格は経験、実践があってこそ活きる

フードコーディネーターとして活躍されている方々に「向いている人は?」聞くと、共通するのは「食への情熱」と「体力」。「体力」は意外でしたが、実務経験を積むには相当の体力が必要とのこと。

フードコーディネーターになろう、と思ったら、少しでも「食」に関われる仕事につき実務経験を積み重ね、常に「食」への真摯な姿勢と情熱をもって臨むことで、フードコーディネーターへの道を切り開くことができるのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。