Skype
スピーカーフォンなら手軽に電話会議ができます
ソフトフォンで利用できる端末は、これまでに紹介したような一人で使うヘッドセットやハンドセットだけではありません。

今回は、複数で使う端末の代表ともいえるスピーカーフォンをご紹介しましょう。

直接会わなくても会議ができる

スピーカーフォンとは、その名の通りスピーカーを内蔵した電話機です。
普通の電話は1対1で会話をしますから、スピーカーといわれてもぴんとこないかもしれませんが、その電話の会話をスピーカーで回りに聞こえるようにする端末です。

例えば5人で会議をする際に、5人で一つの会議室に集まれればこのような端末は必要ありませんが、場所が遠くて集まれないときなど、このスピーカーフォンを使えば、1人は自分のオフィスから電話で参加し、残りの4人は会議室でスピーカーフォンを通じてその1人の声を聞くという使い方ができるわけです。

実は、ソフトフォンが登場する以前から、専用の電話会議端末は存在しており、欧米などでは直接集まって会議をする代わりに電話会議を実施する際に良く使われていました。
ただ、これまでは10万円以上する専用の電話会議端末を設置する必要があったこともあり、日本ではあまり利用されてこなかったのが実情です。

ところが、ソフトフォンの場合はあくまで電話の処理はソフトウェアが実施します。必要なのはスピーカーの役割をする端末だけですから、安いものなら1万円以下の手ごろな価格で手に入れることができるわけです。


まずはノートパソコンで試してみよう

ただ、電話会議をしたことのない人は、あまり電話会議のメリット自体が分かりづらいかもしれませんね。
そんな方は、まずはノートパソコンを使って電話会議を試してみてください。
やり方は簡単。ネットがつながる会議室で、ノートパソコンのスピーカーを使って音声を出してみるだけです。
普通マイクはノートパソコンにはついていませんから、イヤホンマイクのマイクだけ挿して使いましょう。

音質にはやや問題がありますが雰囲気はつかめると思います。
実際、業務に使えそうだったら、是非スピーカーフォンを入手して試されることをお勧めします。


【関連記事】
←前のコラムへ:「受話器」好きならハンドセット

【関連リンク】
スカイプ端末・電話機の選び方

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。