水郷に咲くアヤメは舟でめぐる

細い水路の十二橋は、サッパ舟が行き交うのも大変。見事な櫂さばきですれ違っていきます。
古い町並み散策が楽しい佐原のもうひとつの魅力が水郷
利根川と霞ヶ浦に挟まれた水郷地帯は、かつては無数の細い水路が走り、人々の生活道路、米など物資の運搬路として利用されてきました。


今では埋め立てられて、水路が道路に変わったところも多いのですが、当時の面影を残す十二橋と呼ばれる水路があります。幅5メートルほどの細い水路に、家と家を結ぶこれまた細い小さな橋が十二本、次々と続く風景は、ベニスといっては言い過ぎかもしれませんが、タイやベトナムの水上マーケットを彷彿させる、珍しい光景です。


水郷めぐりはサッパ舟がいちばん。のどかな暮らしを垣間見られます。
舟はサッパ舟(笹舟が由来)と呼ばれる木造舟。その舵をとるのは絣のもんぺに菅笠姿の女船頭さん。この舟は、水生植物園近くの船着き場から出ており、50分ほどのコースでひとり1300円。
アヤメや花菖蒲が咲く水辺を眺め、川風に吹かれながら漂う風情は、なんとも心地いいものです。

女船頭さんの話もおもしろく、「嫁入りは舟に乗って来た」、「昔は、料理ができなくても、舟が漕げなければ、嫁に来られなかった」など、当時の生活ぶりを知ることもできます。


水生植物園内で行なわれる「嫁入り舟」のイベント。周囲のアヤメや花菖蒲とのコントラストも美しい。


5月末から6月にかけては、400品種150万本のアヤメが咲き誇る水生植物園で、あやめ祭りが開催。花嫁舟なども出て、水辺の初夏風景を愉しめます。
涼しさと、紫色や白のさわやかな色彩に癒されながら、水辺の情緒にひたってみてはいかがですか。




あやめ祭り

めずらしい黄色いアヤメも見られるかも。
■日時:2006年5月27日~6月25日
■開催場所:水生植物園周辺
■オープニング式 :5/27(土) 9時
※この時間の入園者にハナショウブの苗をプレゼント(先着300鉢)
■嫁入り舟: 6月3(土)・10(土)・17(土) 10時30分~
■野点: 5月28(日)・6/4(日)・11(日)・18(日) 9時~15時 ※雨天中止
ほかにも催し物多数。
■問い合わせ:水郷佐原観光協会


水生植物園
■住所:香取市佐原扇島
■TEL 0478-56-0411
■開園時間 9時~16時30分
■入園料  大人200円
5~8月 大人500円
あやめ祭り期間 大人700円
■休日:月曜日、年末年始、但し、5~8月は無休
■交通:JR成田線佐原駅よりバス25分
東関東自動車道佐原香取ICもしくは潮来にICより20分
■駐車場 無料1000台


次ページでは佐原に行くなら立ち寄りたい、関東きってのパワースポットをご紹介します。