リスニングの集中学習が有効!

日本人が英語の4能力の中で、最も不得意なのが、リスニングであると言われています。リスニングは、英語の発音の矯正によっても、最速かつ格段に違いを作ることができますが、やはり、TOEIC(R)などの資格試験においては、正攻法は、問題そのものを数こなすことが、一番の近道です。

今回は、いまや、英語教育先進国となった、韓国のカリスマ英語講師・イ・イクフン氏のベスト・セラー図書、イ・イクフンのStep by Step講座から、「解きまくれ!リスニングドリル TOEIC(R)TEST」Part 1/2/3/4をご紹介いたします。

「解きまくれ TOEIC(R)TEST」Part 1&2

解きまくれ!リスニングドリルTOEIC(R)TEST
解きまくれ!リスニングドリルTOEIC(R)TEST


目 次

Part1 Photographs(写真描写問題)

Part2 Question-Response(応答問題)

      Answer Sheet

「解きまくれ TOEIC(R)TEST」Part 3&4

解きまくれ!リスニングドリルTOEIC(R)TEST
解きまくれ!リスニングドリルTOEIC(R)TEST


目 次

Part1 Short Conversations(会話問題)

Part2 Short Talks(説明文問題)

      Answer Sheet


Part1は、全80問、Part2は、全240問、Part3は、240問、Part4は、240問と、テスト8回分がそれぞれ、収録されています。

これだけ、集中して問題を解けば、おのずと対策と対応力がつくのは間違いありません。また、個別に種類別に問題がまとめて掲載されていますから、苦手な問題だけを集中的に学習することも可能です。

試験問題対策としては、理想的に組まれた問題集であるといえます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。