今年の流行語大賞

今年も流行語大賞(ユーキャン新語・流行語大賞)が発表されました。以前、流行語を英訳するという記事を書きましたが(こちら)、今回は本家流行語大賞のトップテンを英語で考えてみましょう。それぞれ、ヒントと英語の例があるので、ヒントを見て自分で想像を巡らしてから英語の例を読むようにしてください。受賞した言葉は以下の通りです。

政権交代(大賞) ヒント 英語例
子供店長 ヒント 英語例
事業仕分け ヒント 英語例
新型インフルエンザ ヒント 英語例
草食男子 ヒント 英語例
脱官僚 簡単に表現するのが難しいですね。官僚主義の公務員をbureaucratというので、これを弱体化させるという表現はどうでしょう。 英語例
派遣切り ヒント 英語例
ファストファッション ヒント 英語例
ぼやき ヒント 英語例
歴女 ヒント 英語例

そもそも「流行語大賞」は英語で何?

「新型インフルエンザ」は世界的な流行語だったかもしれませんね

では、「流行語大賞」そのものは英語でなんと言えばいいでしょう。その年を代表する人を"Person of the year"と呼ぶように、その年を代表する言葉には

Words of the year

という表現が使えそうですね。しかしこれでは「流行」の文字が入っていません。「流行語、話題の言葉、はやりの言葉」を表す英語には buzzword があるので、これを使えば「流行語大賞」は

Buzzwords of the year

ということができるでしょう。身の回りのちょっとした言葉を英語で考えてみるのも楽しいものですね。


参考記事: 『英語で流行語大賞』 あの流行語を英語で