Don't you dare を使いこなそう

Don't you dare cut the trees here. (日本語

以前「よくもそんなこと言えるわね!と言い放つ」の記事の中で、

How dare you ~
How dare you!


などの言い回しをご紹介しました。助動詞 dare のもともとの意味が「あえて~する」なので、「よくもまあ~できるわね」というような意味になります。
(How dare you!だけでも「よくまあ!」「何考えてるんだ!」を意味します。)

dare を使ったポピュラーな表現にはほかのものもあり、今回ご紹介するのは

Don't you dare~
Don't you dare!


です。まずは Don't you dare~の意味から考えていきましょう。

dare が「あえて~する」を意味するということは、Don't you dare~は直訳すれば「あえて~しないでください」となります。つまり、たんに 「~しないでください」というよりも、意味としてはより強くなります。たとえば

Don't you dare touch me.

は、ただ Don't touch me.(触らないで)というよりも意味が強く、「まさか触るようなことはないでしょうね」「大胆にも触るようなことはしないでよ」というニュアンスを含んでいます。

たんに Don't you dare! という場合は、何をしないように頼んでいるのかはわからないため、

「やめて!」「とんでもない!」

という意味を表すと覚えておけばよいでしょう。

それでは具体的な会話例を次のページで紹介しましょう>>