同意を表す相づち

相手の言っていることに同意しながら発する言葉。これがもっともよく使われる相づちでしょう。こうした同意を表す相づちをいくつか次にまとめます。 Yes Yeh (イェー、Yesのくだけた言い方) Ya (ヤ、Yesのくだけた言い方) Uh-huh (アーハー。「ハー」にアクセントをつける) Right That's right Sure Certainly Surely That's true Indeed I see OK (語尾を上げることで相手のさらなる言葉を促す)

会話を膨らませるあいづち

相手の言うことに、ちょっと驚き、思わず発する言葉。次の最初の3つは「本当?」、後半の3つは「冗談でしょ」の意味。 Really? Oh? Is that right? You're kidding. You must be kidding. No kidding.

共感を示すあいづち

相手と同じ気持ちになって喜ぶ、悲しむ、笑う相づちです。基本形は「That's + 形容詞」です。 That's good. (それはいいですねー) That's interesting. (それは面白いですね) That's funny. (それは面白いですね。) That's too bad. (それは本当に残念[大変]でしたね) That's unbelievable. (それは信じられないことですね)

言葉を受けるあいづち

相手 :Yesterday, I went to the hospital. あなた:You did? 相手 :I'm going to be a mother. あなた:You are? 相手 :I've met him yesterday. あなた:You have? 相手 :My father doesn't like beer. あなた:He doesn't? 相手 :My sister has never been to the US. あなた:She hasn't? なお、いずれの場合も疑問形にして "Did you?" "Are you?" とすることもできます。あいづちを打って聞き役に徹していれば、苦手な英語も話さなくて済みます。でも、相手の言うことが十分わかっていないのに、生半可なあいづちを打つことは避けましょう。 適当に"Yes"を繰り返していると、相手はその言葉を真に受け、思ってもいなかった受け取り方をするかもしれません。聞き役に徹することと、適当に返事をすることとは別。会話である限り、相手の言うことには集中して耳を傾け、よくわからない場合には積極的に聞き返しましょう。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。