不動産投資の専門資格「大家検定(R)」がスタート!

大家検定
注目の新資格「賃貸経営事務検定(大家検定(R) )とは?
宅建や不動産鑑定士などのように、不動産業者の専門性を高める資格制度が中心だった不動産関連資格に、新たに賃貸経営の実務者、いわゆる「大家さん」のための資格制度が誕生しました。
その名も「賃貸経営実務検定(通称:大家検定(R)」が、11月の試験開始を前に受験申し込み中。試験で5問免除の特典がある「認定講座」も満席続出のこの注目新試験を、早速チェックしておきましょう。

最近では、普段は企業で働きながら、アパートやマンションのオーナーになって家賃収入を得る「サラリーマン大家」「プチ大家」も出現。
賃貸経営が不動産投資の一手段として注目を集めるようになった今、賃貸オーナーも、空室対策や敷金・更新料返還を巡る訴訟、滞納督促、立ち退きをめぐる問題の解決、満室経営維持など、賃貸経営の実務家としての専門知識はもとより、不動産投資や土地活用、経営ノウハウまでが大きく問われるようになっています。
また、オーナー側と不動産業者の間の知識・ノウハウのギャップを解決するため、相互に共通する実務知識の体系化も望まれてきました。

このような時代の要請を受けて誕生したのが「賃貸経営実務検定」。
当然のことながら不動産投資、土地活用、賃貸経営、空室対策、税金対策、相続対策、資産家の事業継承問題など、不動産に関連する幅広い実務知識を習得できる試験制度となっており、賃貸経営のプロ試験として、「大家さん」だけでなく、投資家、不動産業界などの注目を集めることは間違いありません。


 >>初の賃貸経営専門試験「賃貸経営実務検定」の概要を次ページでご紹介します。