発祥の地オーストラリアやニュージーランドでは本当によく見かける。鮮やかな色調が特徴的。
みなさんは海外旅行でレストランやカフェにあるポップでカラフルな手書きの「ウエルカムボード」を目にしたことはありませんか? 最近、日本でも時々見かけるようになりましたが、そのボードが「チョークアート」と呼ばれるものです。

今回は、チョークアート発祥の地ゴールドコーストで、この世界の第一人者モニーク・キャノン先生に師事。その後、免許皆伝を受け、日本で「株式会社 マリズチョークアート 」を運営する佐藤真理さんにお話を伺いました。

<INDEX>
モニーク・キャノンのアシスタントに(P2)
シドニーでひたすらアルバイトの日々(P3)
チョークアート講師資格を取得。今度はスクールを運営することに(P4)
チョークアート・ボードのお値段(P5)
ワーキングホリデーで得たもの(P5)

ゴールドコーストで偶然チョークアートと出会う

チョークアート・ボードを製作中の佐藤さん。
ガイド:ワーキングホリデーで渡航されたそうですが、思い立った理由は?
佐藤さん:オーストラリアにはその3年前、27歳の時に、2週間、ゴールドコースト近郊のリズモアで短期留学を体験しています。その時のゴールドコーストの印象が、街と海とが一体化している不思議な街という感じで、もう一度、その不思議な街に足を運びたいと思っていました。

ちょうど、30歳の時に思い立ったのですが、ワーキングホリデー・ビザの関係で31歳の誕生日までに入国しないといけませんでした。まさに、ドタバタの「ギリホリ」でした(注:ギリギリの年齢で行くワーキングホリデーのこと。このパターンが渡航者の年齢構成で最も多い)。

ガイド:初めからチョークアートに興味があったのですか?
佐藤さん:オーストラリアでしか出来ないことをしたいと、色々と調べていたら、たまたま雑誌でチョークアートをやっているのを見つけ「これだ!」と直感的に感じました。


>世界の第一人者に「アシスタントにしてください!」と頼み込む!>