人気都市ロサンゼルス
赤西さんが留学をしたロサンゼルスは日本人にとって最も人気のある留学先です。
ジャニーズの人気アイドルグループKAT-TUNの赤西仁さんが留学した件はガイド記事『KAT-TUN赤西だけじゃない芸能人留学』でも取り上げましたが、その赤西さんが先日半年間の語学留学から帰国して芸能界に復帰しました。

デビューしたばかりなのに突然の留学ということで様々な憶測が飛び、なぜ留学することになったのかは今でもあやふやなままですが、もともと英語は好きで海外志向もあったようで、入学した語学学校でも上のクラスに入ったと聞きました。

もちろん、人気絶頂のアイドルが留学してきたということで、留学先の語学学校では大騒ぎになり、滞在先を変えたり、普通のクラスではなくプライベートレッスンなどを取ったりもしたようです。ロサンゼルスは特に日本人留学生が多いエリアですから、騒ぎになるのも分かるような気がします。

ところで、半年の留学でどんな成果があるの?という疑問もあるかもしれませんが、一体留学の成果って何なのでしょうか?

留学の成果って何?

先日の記者会見では報道陣から「留学の成果は?」と聞かれ、「人生勉強になった」と答えていた赤西さん。それは確かにその通りだと思います。

留学って、行く前には「語学力をつけて戻ってきたい」というように、より具体的な成果を期待しがちですが、結果的には「いろいろな経験を積めた」とか「様々な考え方に触れることができた」「世界各国の友達ができた」といった、具体的な結果や数字などでは示しにくいものも留学の成果なのだろうと思います。

それからもう一つ、赤西さんが会見で言っていた「初心に戻って頑張っていく」という言葉もまた留学の成果なのではないかなと思いました。

芸能人に限らず、一度社会に出た後で留学をするということはキャリアを一度中断することになります。留学せずにそのまま日本にいたら得られていただろうということが得られないだけでなく、存在が忘れられる、あるいは価値が落ちるというリスクだってあるかもしれません。そういったリスクを背負いながら留学をするため、留学中はいろいろな不安や葛藤が出てきます。

そして、それ以外に、日本にいたら見えなかった家族や仲間の大切さ、仕事ができる有り難さといった、自分にとって掛け替えのない大切なものが見えてくるのも留学の成果ではないかと思うのです。

赤西さんがそういう意味で「初心に戻って頑張りたい」と言ったのかどうかは分かりませんが、その言葉を聞いて、何となくそんな意味合いで取ってしまいました。

では、次のページでは半年間という留学の期間についてです。