ページ: <1> →  2 →  3


いざ留学、というときに自分で手配する人はさておき、どこかに頼むとしたら、旅行会社? それとも留学手続き代行業者? 一般の消費者の立場から見ると、両者の違いというのは、ちょっと分かりにくいかも。そもそも、この2つどこがどう違う?

ちょっとムツカシイ話になるが、旅行会社は国土交通大臣が定めた旅行業法に基づいて業務を行っている。旅行業法には「報酬を得て、旅行業務を取り扱うことを事業とする場合には、旅行業の登録が必要」という規定がある。
 

旅行業務って?
  1. 運送・宿泊のサービスの提供を受けることに関し、旅行者のために代理、媒介、取次ぎをする行為
  2. 運送・宿泊のサービスを提供することに関し、運送・宿泊機関のために代理、媒介をする行為
  3. 他人の経営する運送機関・宿泊施設を利用して、旅行者に運送・宿泊のサービスを提供する行為
  4. 運送・宿泊以外の旅行サービスの提供を受けることに関し、旅行者のために代理、媒介、取次をする行為 
  5. 運送・宿泊以外の旅行サービスを提供することに関し、サービス提供者のために代理、媒介をする行為
  6. 諸手続き代行、及び旅行者の便宜上のサービス提供行為
  7. 旅行に関する相談に応じる行為

同じように見える旅行会社でも、取り扱い内容によって以下のように分かれている。
 

 種別
取り扱い内容
届け出先
第一種旅行業
海外旅行・国内旅行の主催、海外旅行・国内旅行の手配及び他社の主催旅行の代売を行うこと
国土交通大臣
第二種旅行業 国内旅行の主催、海外旅行・国内旅行の手配及び他社の主催旅行の代売を行うこと
都道府県知事
第三種旅行業
海外旅行・国内旅行の手配及び他社の主催旅行の代売を行うこと
都道府県知事
 *ほかに旅行業者代理業がある。

つまり、旅行会社として営業するには国土交通省(国土交通大臣) か、都道府県(都道府県知事)のいずれかへ届け出る必要があり、その登録の証として旅行業登録番号が付与されるワケ。パンフレットなどに、「国土交通大臣登録旅行業第XX号」などと書かれているのがそれだ。

留学手続き代行業者は、留学斡旋業者、留学情報サービスなど、いろいろな呼ばれ方をしているけれど、いずれにしても届け出の必要はない。ただし、旅行業として登録していない限り、航空券を販売するなどの旅行業務は行えないので、旅行部分の手配はほかの旅行会社へ依頼をすることになる。
 
 

旅行会社と、留学手続き代行業者の違いは次のページ→


←ほかの記事を読む
1ページ | 2ページ | 3ページ