電気工事の欠陥による災害を防ぐため、電気工事法によって一定の電気工事を行うには電気工事士資格が必要になります。資格には2種類あり、それぞれ、工事できる範囲が決まっています。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。