中国のお正月「春節」って?

中国のお正月「春節」とは?

中国のお正月「春節」とは?

日本でお正月といえば1月1日。

当たり前に思えますが、中国ではどちらかというと「春節」または「旧正月(旧暦の正月)」の方を重視します。旧暦に従うため、毎年日付が変わるのも特徴です。

春節とは何なのか、また今年はいつが春節にあたるのか、見ていきましょう!

「春節」とは、かつての「元旦」

「春節」は、古代においては「元旦」と呼ばれていました。

「元」は「初め」、「旦」は「日の出」を表すので、1月1日を「元旦」としたのです。日本における「元旦」も、ここから来ています。

1949年の中華人民共和国成立の際に、新暦の正月を「元旦」、旧暦の正月を「春節」とするよう決定されました。

なお、旧暦では「春節」から10日間を「初一、初二、初三、……初九、初十」と数えます。「初七」までが休暇で、「初八」から仕事、という企業が多いようです。

今年の「春節」はいつ?

上で見たように、旧暦に従ってやってくる「春節」。

2018年は、2月16日です。

1月中旬に「春節」が来ることもあるので、およそ一か月程度ズレが生じることもあります。毎年チェックしていきたいですね。

また、2月15日は大みそかにあたる「除夕」。こちらも併せて覚えておきたいです。以下に、2028年までの「春節」にあたる日を挙げておきますのでご参考にしてください。
  • 2019年 2月5日 
  • 2020年 1月25日 
  • 2021年 2月12日 
  • 2022年 2月1日
  • 2023年 1月22日 
  • 2024年 2月10日 
  • 2025年 1月29日 
  • 2026年 2月17日
  • 2027年 2月6日 
  • 2028年 1月26日

「春節」には何をするの?

基本的には家族で過ごします。久々に集まった家族で食事を楽しんだり、旅行に行ったりする人もいるようです。北方では餃子を必ず食べ、南方では餃子はもちろん、ここぞとばかりに各家庭の自慢の料理が食卓に並びます。昔は餃子の中にお金を入れてお年玉(压岁钱)としていましたが、最近ではあまりやらないそうです。

また、中国中央テレビによる「春节联欢晚会」というカウントダウン番組があり、こちらも日本における「紅白歌合戦」のような人気を博しています。

他には、爆竹を鳴らしたり(最近は環境への配慮から音だけという地域もあります)、夜通しお酒を飲んだりと、少し日常から離れた過ごし方をすることが多いです。

「春節」で使う中国語

  • 春节快乐!  Chūn jié kuài lè !
「春節おめでとう!」本来は家族で過ごす時期ですが、最近では仕事や学業のため、海外で過ごす中国人も多いです。ぜひこのように声をかけてあげましょう。きっと喜んでくれるはずですよ。
  • 万事如意!  Wàn shì rú yì !

「すべてうまくいきますように!」この時期に使われることの多い表現です。カードなどに書いて送っても喜ばれそうですね。
  • 恭喜发财!  Gōng xǐ fā cái !
「お金持ちになりますように!」「发」と「八」の発音が似ていることから、中国人は八が大好きなことも覚えておきましょう。
  • 身体健康!  Shēn tǐ jiàn kāng !
「健康第一!」身体がすべての資本であることは万国共通です。


alt

横浜の中華街での春節の様子


いかがでしたか?

日本でも、横浜中華街などでは春節を祝うイベントが催されます。これを機に出かけてみてはいかがでしょうか。日本のお正月とはまったく違う、エネルギッシュな「春節」が感じられますよ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。