神戸の兄夫婦から、家庭菜園でできた新ジャガイモが届きました。
早速、この新ジャガイモを使ってポテト・コロッケづくりです。
コロッケに使うミンチ肉も手づくりです。牛肉と豚肉を買ってきてミンサーで挽くだけです。ミンサーがなければ、包丁で細かくみじん切りにしてください。混じりけがなく作りたてのミンチ肉は、市販のミンチ肉よりもぐっとヘルシーですし、何と言っても安心です。
コロッケは基本の作り方をマスターすれば、後は中身や味つけを変えたり、ソースをアレンジしたりと、バリエーションを楽しむことができますね。それぞれの家庭の味をつくってみませんか!
コロッケという名前はフランス語のクロケットがなまったものだそうです。
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
 
 
届いたばかりの新ジャガイモです。新ジャガはタワシでこするだけで皮がむけます。   手づくりミンチを作ります。セットしたミンサーに豚もも肉の角切りを入れて、挽きます。
     
 
今回は豚もも肉150g、牛ばら肉150gをミンチしました。  

合挽きミンチも手作りすれば、まじりけのないヘルシーなミンチ肉ができますね。

     
 

コロッケの材料:じゃがいも大5個、ミンチ肉300g、タマネギみじん切り1個分、ピーマンのみじん切り3個分 塩、胡椒

 

熱したフライパンにバター大サジ1を入れ、タマネギを炒め、次にミンチ肉、ピーマンを炒めて塩・胡椒で味をととのえ、冷ましておきます。

     
 
じゃがいもはきれいに洗い、電子レンジで約10分加熱してから、熱いうちにマッシャーやスリコギなどで突き潰しておきます。   潰したじゃがいもが冷めきらないうちに、炒めた具を汁ごと混ぜ合わせて形をつくります。お好みで具を混ぜ合わせるときにカレー粉などの香辛料や、ハーブなどを混ぜるのもいいでしょう。
     
 
薄力粉、溶き卵、パン粉と順番につけて、180℃の油で転がしながら揚げていきます。   さあ!こんがりときつね色に揚がったコロッケを、トマトピューレをベースにした手づくりのソースでいただきましょう。
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。

フランス料理にでてくるクリームコロッケは、鳥肉、エビ、カニ、ゆで卵、マカロニ、タマネギなどを下ごしらえしてから、濃いめのホワイトソースで和えて、丸く形づくり衣をつけて油で揚げます。
手づくりのミンチ肉を使うと、油濃さのない素晴らしい味のコロッケができますよ!

 
(C)June.2002 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。