部品はその都度お手入が原則!

使用の度に洗うのは、内釜やしゃもじ以外に、フタ周りの部品があります。外して洗うものは、フタの上部にある「蒸気ガイド」・「内フタ」の2つ。さっと水洗いをする程度で大丈夫。では、簡単にご紹介します。

「蒸気ガイド」は本体から簡単に外れます。これは、さらに2つに分かれますので、分割して洗います。
SANYO炊飯器
「蒸気ガイド」を外し分解しているところ

内フタもワンタッチで取り外しができます。取り外した内フタは、スポンジに台所用中性洗剤を含めて洗います。
SANYO炊飯器
止め具を押して内フタを外しているところ

その都度、内フタや部品を外して洗うため、多少手がかかると思う方もいるかもしれませんが、取り外しが簡単なのでそんなに面倒とは感じないでしょう。


ちょっと気になる使い勝手

炊き方・炊き上がり・メンテナンスをみてきましたが、この他にガイドが感じた「気になる点」を、最後にお伝えします。

本体周りの“熱さ”
炊き上がり直後に蓋を開ける時、ステンレスボディのため本体はかなり熱くなっています。フタを開けるための開閉ボタン(プッシュ式)も、金属のためやや熱いと感じました。大人であれば火傷をすることは無いレベルですが、子供には注意が必要です。樹脂ボディーのタイプは、これほど熱くありません。特に、開閉ボタンはもう少し熱くならない工夫をして欲しいですね。

フタの“重さ”
圧力タイプは密閉度をアップするためか、フタを閉める時に、他の炊飯器より力が必要だと感じました。小学生の子供に自分でご飯をよそわせると「しまらなぁ~い!」と。もう少し軽いと使いやすいのでは?


ガイドの総合評価

以上の結果、今回の「SANYO・おどり炊き」の総合評価は以下の様になりました。

炊き易さ豊富なメニューとその選び易さで 5点
炊き上がりもっちりした歯ごたえと甘みが美味しく満足の 5点
保 温おやすみ保温にみられる細かい配慮で 5点
メンテナンス従来の炊飯器に比べると洗う部品がやや増えているので 4点
価 格炊飯器としてはやや高いと感じる価格のため 4点
使い勝手残念ながら改善の余地があるので 3点

炊飯器は、子供も高齢者も使うことがあるものです。誰でも安全に楽に使えるレベルを目指して改善してくれることを期待します。


それでは、続けて!!
 『National・高温スチーム炊飯器』のリポートもご覧下さい!


 【参考INDEX】炊飯器・精米機
 【参考サイト】SANYO・炊飯器
 【関連記事】炊飯ジャーで簡単クッキング



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。