タイガーの炊飯器

昔ながらの素朴な炊き方を追及した「土鍋釜」の採用で一躍注目を浴びる。保温などの機能性は重視せず、独自の道を貫いているのが面白い。米本来の味を堪能したい、自然派におすすめ。さらに圧力IHタイプを追加しおいしさを追求しています。


■代表機種:プレミアム本土鍋〈THE 炊きたて〉JPG-X100シリーズ ※※2017年9月発売
新ブランド『GRAND X(グラン エックス)』として発売されたプレミアムモデル。土鍋の産地として歴史のある三重県四日市市の萬古焼の「プレミアム本土鍋 四度焼き」を採用。また、人が近づくと操作スイッチが浮かび上がる「モーションセンサー」と「タッチパネル」を搭載するなど、高級感漂うデザインも魅力。「押麦」と「もち麦」それぞれの専用メニューを搭載しているのも個性的。
 


■代表機種:本土鍋 JKX-V2シリーズ ※2016年6月発売
タイガー土鍋圧力IHシリーズ。従来の土鍋釜に加え、本物の土から作った「天然土かまど」を本体に組み込み、可変W圧力搭載。昔ながらのかまど炊きのしっかりとした食感を実現しています。「麦めし」もプレミアム同様、2つのメニューを搭載。

 
■代表機種:圧力IHジャー・JPC-A1シリーズ ※2017年6月発売
「可変W圧力土鍋炊き」と「熱封土鍋コーティング9層遠赤特厚釜」を搭載した、ミドルクラス。後部の出っ張りを無くし、360°どこから見ても美しいをフォルム目指した、新デザイン。 対面キッチンやオープンなキッチンにピッタリ。白・赤・青・の3色展開も魅力!

 

■代表機種:tacook  JAJ-A552/JKU-A551/JBU-A551
釜の中にクッキングプレートを入れることでご飯と一緒におかずが同時につくれる新提案で話題。tacookシリーズとして、マイコンタイプの3合「わたしのタクック・JAJ-A型」、IHタイプの3合、マイコンタイプの3合などがある。

 

【関連サイト】

タイガー:炊飯器(メーカー公式サイト)

電子レンジ用炊飯器のおすすめランキング7選|短時間に少量を炊くならコレ!

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。