高級国産車や外車を運転する人は、信号待ちなどでの後ろからの追突には特に警戒が必要です。話し合いをしようと車を降りたすきに、別の誰かが乗り込んで車を盗んで走り去ってしまう事件が発生しています。

《Contents》
  • ごっつん盗事件発生!/高級車が狙われる/信号待ちで注意/こんな状況が危ない!……p.1
  • もし、追突されたら/鍵を守れ!/関連ガイド記事一覧……p.2


    ごっつん盗事件発生!

    平成19年1月11日午後7時40分ごろ、大阪府和泉市内の市道で、信号待ちをしていた女性(53歳)の高級外車に白っぽい乗用車が追突しました。話をしようと車を降りて乗用車に女性が近づいたすきに、別の男が女性の車に乗り込んで急発進して、追突した乗用車とともに逃げ去りました。

    1月10日にも同様の事件が発生しており、和泉署では同一犯の可能性があるとして捜査しています。実は、このような事件は大阪・愛知・兵庫などで多発しています。高級車を狙ってわざと追突して、ドライバーが車を離れたすきに別の人物が車を盗んで逃げる手口は「ごっつん盗」と呼ばれています。

    高級車が狙われる

    高級国産車、外車は要注意!
    高級国産車、外車は要注意!
    価格の高い高級国産車や外車などが特に被害に遭いやすくなっています。車両盗難に備えて、イモビライザー(immobilizer~エンジンキーと車の電子的な照合が合致しなければ作動しない車の盗難防止システム)が標準装備されている場合が多いため、従来の手口(人の乗っていない車のウィンドウを割ったりこじ開けて合鍵を使って作動させて逃走するなど)が使えなくなったため、考え出された手口だといわれています。

    信号待ちで注意!

    激しく追突してしまうと警察を呼ばれたり、将来商品として売りさばくときにマイナスになってしまうため、信号待ちなどで停止しているときなど、ほとんどスピードが出ていないときに追突されます。そのため、特に高級国産車や外車などに乗っているドライバーは、信号での停車時に後方に警戒しましょう。

    こんな状況が危ない!

    追突されたら頭にきて怒りのあまり、相手の車に文句を言おうとしたり、話し合いをしようとしたり、自分の車の被害の程度を見ようとしたりして、車を降りてしまうでしょう。そんな心理に付け入って、次のような状況下で、追突した車の別の近くに隠れていた仲間が、ぶつけられた車に乗り込んで、盗んで逃げてしまいます。追突した車も一緒にその場から逃げてしまうのです。

    パターン1:追突した車のドライバーが車から降りてこないので、ぶつけられた車のドライバーが文句を言おうと車を降りたとき

    パターン2:追突した車、ぶつけられた車の双方のドライバーが車を降りて話をしようとしているとき

    パターン3:ぶつけられた車のドライバーが車を降りて、自分の車の損傷状況を見ているとき

    上記の状況を避けて、もし万が一信号待ちなどで車に追突されたときには、まずは冷静になりましょう。その上で、もし可能であれば、次ページのような対応をしましょう。


  • もし、追突されたら/鍵を守れ!/関連ガイド記事一覧……→p.2