髪もしっかりUV対策しましょう

髪の日焼け、UV対策
UVカット効果のあるトリートメントなら、紫外線から髪を守りながらツヤ髪に!
紫外線から髪を守るためには、UVカット効果のあるトリートメントを使うのが一番良い方法です。紫外線から髪を守りながら、トリートメント効果でツヤ髪に。一石二鳥のアイテムです。

髪用の日焼け止めと合わせて、日傘や帽子を使えば、さらに紫外線から髪を守ることができます。

日射量のピークは5月と7月~8月

気象庁のデータによると、1年のうちの日射量は、5月と7月~8月に多くなっています。「暑くないからまだ大丈夫」と油断しがちな5月ですが、今からしっかりとUVケアしておいた方が良いでしょう。

1日で一番紫外線量が多いのは11:00~12:00

また、一般的には、1日のうち10:00~14:00は「紫外線が強い」時間帯と言われています。今回、私ども皮膚臨床薬理研究所で、紫外線の放射量が一番多い時間を測定したところ、11:00~12:00がピークとなりました。「一番気温が高くなる14:00ごろに紫外線量も多い」と思っていた方が多いのではないでしょうか。実は、気温が高くなる前に、すでに紫外線は髪に降り注いでいるのです。UV対策をしっかりとしておきましょう。可能であれば、紫外線が強い時間は外出は控えましょう。

夏のレジャーでの髪のUV対策

夏には、海や山でのレジャーを楽しむ方もいらっしゃるでしょう。髪のために以下のことに注意してください。

■海でのレジャーの注意点
海水がついたままの髪は、浸透圧で髪の内部の水分がどんどん外へ出てしまい、乾燥がひどくなってしまいます。そのまま紫外線を浴びてしまったら、髪はカラカラに。なるべく早くシャワーで海水や汗を洗い流しましょう。

■山でのレジャーの注意点
標高が高くなると上空の大気の量が少なくなり、散乱を受けにくくなるため、紫外線のエネルギーが強くなります。日焼け止めを使い、帽子をかぶって、しっかりとUV対策を行ってください。



5月は気候がよいので、散策したり、オープンカフェでお茶を楽しんだり、意識することなく、太陽の日差しを浴びていることと思います。5月は日射量がピークを迎える時期。お肌はもちろん、髪もしっかりとUV対策してお出かけください。

【関連記事】
もう後回しにしない!髪と頭皮の日焼けケア
夏のヘアダメージは秋になる前に解消!
ダメージ増の真夏こそ、ヘアケアは念入りに
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。