【ひとくちメモ】排水口?排水溝?
パソコンなどで「ハイスイコウ」と打って変換する、或いはただ耳から「ハイスイコウ」という言葉を聞く。その時、あなたの脳裏に浮かぶ漢字は次のどちらだろう?

1.排水口
2.排水溝

実のところ、明確な定義を持って、この「ハイスイコウ」という言葉を漢字に変換している人はあまりいないのではないだろうか?

なんとなく……「排水した汚水が流れてくところ?」という“感じ”に従って、フィーリングで使い分けてる、なんていう人もいるかもしれない。あるいは、より口っぽければ「排水口」、溝っぽければ「排水溝」なのかもしれない。

折角なので、ここで「正確な」ところの各部の定義を調べてみよう。

1.排水口
……(大辞林 第二版/三省堂 には該当語無し)

2.排水溝
……排水を流す目的で設けられた溝。(大辞林 第二版/三省堂)
……耕地や道路などの水を排除するためのみぞ。(大辞泉)

3.排水孔
……土留め擁壁(ようへき)の表面に設けた、その背面の水を浸出させるための穴。(大辞林 第二版/三省堂)

4.排水坑
……鉱山やトンネルで、湧出した水などを坑外に送り出す坑道。(大辞林 第二版/三省堂)

面白いことに、「排水口」という言葉の明確な定義を見つけることができなかった! けれど多く、前後の文脈から推察すれば概ね「キッチンシンクや洗面台、浴槽、浴室洗い場などから出る汚水を排水する口」を総じて「排水口」と呼んでいるようである。

反して「排水溝」の方は、汚水以外の水でも排水しなければならない水を流すためなどに設けられた、とにかく溝であると定義されているもののようだ。

見慣れない「ハイスイコウ」として「排水孔」、また「排水坑」という語があるということも、まあ参考までに。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。