ポイント8:フローリングは、ホコリが踊る前に!

掃除の簡単さでも人気の高いフローリング。欠点はワタボコリなど、ホコリが目立つこと! 

フローリング上のホコリや汚れは、部屋の四隅に溜まります。普段の手入れはお掃除シートをワイパーに挟んでサッサッと済ませている場合も、四隅は見落としがち!
・古布にみかんの皮の煮出し汁を浸し、固く絞ったもので雑巾がけします。汚れ落としと同時にワックス効果が。
・同様にコメの研ぎ汁で拭いてもワックス効果があります。
・普段の掃除は必ず部屋の奥から、出口に向かって!


ポイント9:網戸・エアコン室外機はいっぺんに!

気づいたときにはかなーり汚れていてガックリしちゃうのがコレ。そのかわりココが綺麗になると、「ああ掃除したなぁ」という達成感が!

曇りや雨の日が網戸掃除の好天気。二枚の濡らした古布雑巾(重曹水を浸したもの)で、網戸をサンド。網戸が伸びないようにタテ・ヨコ・ナナメにこすり拭きします。外せる網戸なら雨に当ててしまうというのも究極の掃除法?!
エアコン室外機は思うよりも汚れているものです。まずは古ストッキングでカラ拭きを。その後濡れ古布でよく拭きます。細かいところは綿棒や、ストッキングの切れ端を巻き付けたワリバシで。


ポイント10:便利でエコロジカルなお掃除グッズ紹介!

これまで紹介してきたお掃除に有効なグッズをまとめて紹介しておきます。

重曹(ベーキングパウダー):万能お掃除選手。市販の洗剤に比べてしまうと効果はやや弱いですが、口に入れても大丈夫だという安心感が大きいです。「掃除用重曹」も生協などで売っています。廉価。
お酢(酢酸):市販の醸造酢でも、レモン汁などでも。重曹とセットで発泡させても良し、陶器の洗面台など、酢と塩でこすると綺麗になりますし、畳の掃除にも。
古ストッキング:ホコリ取りに大活躍。伝線ストッキングはためておきましょう。
古布:ボロタオルや、黄ばんで穴があいてしまったメリヤスの下着や、古シーツなど。適当な大きさにカットしておくと便利。また、カットした布をティッシュの空き箱に入れておくと、サッと掃除に使えて便利です。
古歯ブラシ、古ワリバシ:細部の掃除に便利です。古布やストッキングと組み合わせても。
古新聞:窓拭きや、玄関、バルコニー掃除に便利。






大掃除への遠い道も、ちょっとした「小」掃除の第一歩から!






参考:
『エコホーム用品事典』アンナ・クルーガー著 産調出版
『住まいのお手入れハンドブック』 PHP研究所
地球に優しいお掃除のページ
くらしの知恵袋
キッチンお掃除 心・技・体

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。