まったく新しい充電池 eneloop

2006年の6月現在、Googleにおいて『ニッケル水素』で検索すると筆者のガイド記事が最上位にくることもあって、ニッケル水素充電池の動向は常にチェックしている。
そんな中、去年末に発売された三洋電機のeneloop(エネループ)には発表直後から注目していたのだが、なんとなく使う機会がなく見逃していたのである。

なんとなく使わずにいたeneloopだったが……。

eneloopもニッケル水素充電池であるのだが新素材を導入しており、その特徴として発表時から以下のものが挙げられていた。

 ・自己放電が少ない。
 ・充電済みで販売されているので、買ってすぐに使える。
 ・通常のニッケル水素充電池の倍となる1000回の充放電が可能。

この中でも、特に自己放電が少ないということは一般的なユーザーのデジタルカメラの使い方、すなわち一度使ったあとにかなり長く放置しておいたままで、また使用する……という形にとってはかなり有利なのではないだろうか。
なお、自己放電の詳細についてはこちらのガイド記事に詳しいので、参照していただきたい。

まずはテスト!

といったわけで、なにはともあれ実際にテストしてみた。テスト内容はいつもの電池耐久テストのレギュレーションを採用している。
レギュレーションは以下の通り。

 ・DSC-MZ1に512MBのCFカードで使用する。*1
 ・最大サイズ・最小圧縮で撮影する。
 ・CFカードがいっぱいになったら本体でフォーマットして撮影続行。
 ・フラッシュは常に焚く。
 ・バッテリーが原因で撮れなくなったらカウント終了。
  CFカードはサンディスク製のものを使用する。

何度か書いているが、DSC-MZ1というデジタルカメラは電池消費が激しいことで知られている。そのため、こういったテストに向いているのだ(テストが早めに終わって楽だという側面も見逃せない)。

DSC-MZ1はバッテリー耐久テストに最適のデジカメだ。

比較対照として、同時期に発売されていたNi-MH2700を使用してみた。こちらは通常のニッケル水素充電池であり、容量はeneloopの1.35倍にあたる2700mAh。
ちなみにeneloopの容量は二世代以上前の2000mAhとなっている。
さて、どのような結果が出たであろうか
Page 2へ)

・Page1 自己放電が少なくなった新しい充電池、eneloop
・Page2 まずは普通にテストしてみよう
・Page3 驚愕のテスト結果! eneloop恐るべし!

■関連ガイド記事
モバイラー必携の充電池はこれだ! 三洋電機「eneloop」に注目<男のモバイルグッズガイド>
100円電池 VS メーカー電池<節約・やりくりガイド>
どの電池がもっともデジカメ向きなのか! デジタルカメラ電池耐久テスト!
ニッケル水素充電池の落とし穴1 自己放電解説編
ニッケル水素充電池の落とし穴2 メモリー効果解説編
ニッケル水素充電池の落とし穴3 その他豆知識編
ニッケル水素VS.リチウムイオン
メタハイ2600の実力をテスト