クルフィ

所用時間:準備 1時間+フリージングタイム
調理時間 40分

相性のいい飲み物:コーヒー、紅茶

クルフィの作り方

【8人分】

皮なしアーモンド 250グラム
牛乳 1.8リットル
グラニュー糖 250グラム
バニラエッセンス 少々
エバミルク(無糖練乳) 300cc
(あれば)食用ローズウォーター 小1~2

手順

1:皮なしアーモンドをボウルに入れて、冷たい水を足して置いておく。300ccのミルクをよけておいて、残り1.5リットルのミルクを大きな底の厚いテフロン加工の鍋で沸騰させる。その後、約半分の量になるまでとろ火でゆっくり煮る。浮いてくる皮膜や固まりができて鍋の端っこにくっついたものがよく混ざるように、時々混ぜる。


2:アーモンドの水を切って、3/4量を300ccのミルクと一緒にフードプロセッサーに入れる。フードプロセッサーで、アーモンドが軽くつぶされるくらいまで5~6秒混ぜる。ツブツブ感は残しておくこと。それらとグラニュー糖、バニラエッセンスを1)の熱したミルクの中に入れて、さらに10~20分、たえず混ぜながらとろとろ煮続ける。ややとろっとしてきたら熱から下ろして室温まで冷やす。その後冷蔵庫で充分冷やす。


3:残った1/3量のアーモンドを粗みじんに刻み、冷蔵庫から取り出したよく冷えたミルクの中に入れる。エバミルクと(あればローズウォーター)を入れる。材料が全てミックスされるように完全に混ぜ合わせる。
型(プリン型(←が標準的)や平たい皿など)に流し入れて、固くなるまで凍らす。サーブする20分前には冷蔵庫に移しておく。型から取りだしてサーブする。平たい皿の場合は放射状にカットして。。



クルフィ

ワンポイント

大変なのは、約30分、ひたすらミルクをあっためるところ。そこを過ぎればあとは冷やすだけの簡単レシピです。練乳のような、とても口溶けのよい、しかも卵を使っていないのでさっぱりしたアイスクリームです。

【関連記事】 ■もう一品つくるなら

◇インド料理代表タンドリーチキンのポテト版。『タンドリーアロー』

◇マリネして串焼きにしてマサラソースで煮込む『チキンティッカマサラ』

◇インド風炊き込みごはん『ベジタブルプラオ』

◇さっぱり爽やかインド風ヨーグルトサラダ『ベジタブルライタ』

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。