次へ>>
いまや、仕事でパソコンを使うのは当たり前になりつつあります。しかし、その使い方によって、仕事の効率が全然異なることは言うまでもありません。

同じように、ゆうに50種類を超えるパソコン資格も、活用の仕方いかんで、その後のスキルアップが大きく変わってくるのではないでしょうか。

そこで、
「仕事にあったパソコン資格はなにか?」
「どの資格を取れば、何のスキルアップに活かせるのだろうか?」
とお悩みの方に、”職種別”のおすすめパソコン資格を、連載記事でご紹介いたします。

今回は、一般事務職が対象ですが、もちろん、パソコンを使うビジネスパーソン全般に通じる内容となっております。

一般事務職の必要スキルとは


一般事務職は、会社の中で様々な部署に配属され、仕事の内容は異なっても、ほとんどがパソコンを利用します。パソコンを使ってデータを入力し資料や帳票の作成をしていく上で、パソコンの基本操作やOffice等のアプリケーション全般の利用スキルが求められていると言えます。

一番多い業務は、なんといってもビジネス文書の作成でしょう。資格の勉強を通じて、ビジネス文書の作成スキルを、是非、身につけていきたいものです。

ズバリ、一般事務職におすすめするパソコン資格は?>>次ページヘ