中央アルプス千畳敷カール(標高:2,612m)

燃えるように赤く色づいたナナカマドと山岳美とのコントラストが美しい駒ヶ岳千畳敷カールの紅葉・撮影:平成6年(1994)
中央アルプス千畳敷へはロープウェイでいける紅葉の名所です。 右にある写真は、ハンドル名「岡谷の自由人」さんが、平成6年(1994)に撮影された写真ですが、 燃えるように赤く色づいたナナカマドと山岳美とのコントラストが見事です。

しかしこの10年来、このような紅葉は見られなくなっているようです。 中央アルプス千畳敷カールの紅葉は、 今年も例年通り9月下旬から見頃を迎えましたが、 紅葉の色づきが悪く、温暖化のせいもあると思うとの事でした。


中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイから見る紅葉

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイから見る紅葉
千畳敷カール (標高:2,612m)
しらびそ平  (標高:1,662m)
麓の駒ヶ根高原(標高:約800m)

と標高差があるので、ここでも長期にわたり紅葉が楽しめます。 特に駒ケ岳ロープウェイは、標高差950m を、僅か7分30秒の時間とはいえ、 ダケカンバの黄色や赤く紅葉した木々が見られます(今年の見頃は10月10日くらいまで)。

絶景!千畳敷から見る南アルプスのパノラマ

南アルプス連峰・富士山&眼下に駒ヶ根市街
千畳敷の素晴らしさは、 晴れていると、 南アルプス連峰のパノラマがあり、 富士山も見えます。 ここの富士山は、ダイアモンド富士ご来光を迎える事でも有名です。
眼下に駒ヶ根市街も見えます。
続いて次ページで 「南アルプス林道の紅葉」を紹介 >>

《関連サイト》:
 ・アルプスが二つ映える街 駒ヶ根
 ・駒ヶ根市観光情報
 ・中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ

・制作:06/10/04