伝統芸能が生活に密着しているバリ島
短い日程でも、プランを練ってよりすぐりの体験を詰め込むと、旅の濃度はかなり高く感じられます。バリ島はできれば4泊はしたいところだけれど、2泊4日でも想像以上にあれこれ体験できます。帰国直後にこの4日間を振り返ってみれば、あっという間にも感じるし、ひとつひとつの体験をなぞれば「いろんなコトしたなぁ」と思えるはず。のんびりしに行くというよりも、アクティブに美を磨くバリ島4日間プラン。ぜひ、ためしてみてください!


レストランが充実したバリ島南部でディナーを

1日目は空港からクタ周辺でディナー後、ウブドへ


バリ島へのフライトは夕方から夜に到着するので、この日は移動日と思った方がいいでしょう。この日の滞在はバリ島の芸術のウブド。ウブドは夜が早い町なので、現地へ着いてからではレストランが限られてしまいます。レストランの選択肢の幅広いクタやスミニャックで食事を済ませてからウブドへ向かう方がいいでしょう。
食事よりも文化体験!という方なら、空港からダッシュでウブドへ向かえば、19時ごろから始まるバリ舞踊のショーに間に合うかもしれません(私はやったことがないので、確約はできませんが。少なくともショーが終わるまでにはウブドに到着はできるとは思います)。
ウブドの夜は虫の音やカエルの鳴き声などが田んぼから届いたりして、しっとりと静かに更けていきます。


=>次のページから本格的な美磨きプランです。