GWが始まりました。皆様はどのように過ごされるご予定ですか? ボランティアガイドサイトも、連休モードに突入です。今週は、日頃の疲れを癒していただくためのリラックス企画をご用意しました。ほんのひとときですが、皆様を「アートな商店街」へとバーチャルなお散歩にお連れしましょう。

さっ、さっ、難しい話は、後回し! まずは、商店街に溶け込んだ(?)現代アートの数々をごゆるりとお楽しみください!!

アートな商店街を大公開!

こ~んなシュールなのれんをかけられちゃったのは、中華料理店。商店街に咲く“花みずき”をモチーフに花と鼻を描いたのだとか……。とにかく目立ちます。有無を言わさず、人の目をむかせる力があります。道の向こうからも「なんだ?」と足を止める人がいるらしい……。
梅本和之作・「軒先」

理髪店の店先は、おなじみのシンボルサインの色に合わせたオブジェに占領されちゃいました。
川上和歌子作・「おでかけ in とこやあおき」

しかも、その店内はもっとすごいことに! 1つ1つが帽子になっているんですよ、これ。「落ち着かないんじゃないですか?」というガイドの質問に「新鮮でいいよ。取り外されたら、壁が寂しくなるね~」と店主の青木さん。ん…? このオブジェがないのが普通なのでは?? 
川上和歌子作・「おでかけ in とこやあおき」

こちらはカフェの店内にかけられたオブジェ。ズバリ、花みずきだそうです。植物? ガイドにはなにやら不思議な生き物に見えて仕方がありませんでした。
藤原恭子作・「咲」@カフェテラスK's

オブジェは、な、なんと、店長の頭の上にまで……。髪留めやマスコットなど様々な使い方を提案しているのだとか。ちなみに、このフェルトは、作家さんが自ら染めているそうで、深みのある色が素敵でした。
藤原恭子作・「咲」@カフェテラスK's

まだまだ続きますよ。次ページでは、商売繁盛を祈っているかのようなオブジェをご紹介します。