ネコが好きなあなたなら、飼い主を探す里子・里親活動に関わるボランティアはいかが?
「ボランティアをしてみたいけれど、何をしていいかわからない」そんな声をよく聞きます。でも、バタバタと日々が過ぎていくうちに、ぼんやりとした「何かしたいな…」という思いは、忘れてしまいがちなんですよね。それじゃ、ちょっともったいない! ボランティアは「してみたい」と思ったときこそ、始めるチャンスです。

そんなときにぜひ役立ててほしい、「新しい何か」を見つけるための3つの法則をご紹介します。ボランティア以外でも、趣味や習い事を始めたい人にも参考にしていただける法則ですよ。

法則1 「好きなこと」を広げてみる
法則2 「ちょっと前のあなた」に聞いてみる
法則3 「地元の情報」を集めてみる


やっぱり「好き」が大切。楽しいことから始めよう!

得意じゃなくていいんです。好きで楽しくできることを広げるのが一番!
誰かに強制されたり、義務とする活動ではないのだから、自分が「楽しいなぁ」と思えることから広げてみましょう。「得意なこと」や「できること」じゃなくていいんです。 好きで楽しいと思えること、それがポイントです。

たとえば、「食べることが大好き!」「ネコといるだけで幸せ」「映画を見ているときが本当に楽しい」ということで充分。その気持ちを足がかりに広げていくと、興味のある活動につなげていくことができます。具体的にはこんな感じです。

●食べることが好き
・1人暮らしのお年寄り宅への配食ボランティア
・ボランティアフェアやイベントでの食に関する出店のサポート
・食の安全を考える

●本・映画・美術が好き
・美術館のガイドツアーやワークショップのサポート
・図書館での本の読み聞かせ
・目の不自由な方が映画を楽しむための音声ガイド
・本の音訳や点訳ボランティア

●動物や植物が好き
・犬やネコの里親探し
・動物園のガイドツアー
・自然観察会やフィールドワークの開催を通じての自然保護

●子どもが好き
・児童館、キャンプ、お祭りなどで子どもをサポートする活動
・途上国の子どもの教育資金を援助する里親制度
・病気で入院中の子どもと遊ぶ病院ボランティア

●おしゃべりや人と接することが好き
・一人暮らしのお年寄りの話相手
・留学生や在日外国人との交流

●海や山が好き
・海や山でのゴミ拾い
・障がいのある人のハイキングや登山の付き添い
・自然保護や環境問題を考える活動に参加する
などなど。

さらに「食べることが好きで、子どもが好き」なら、子どもの食に関するボランティアや食育活動、「動物が好きで、海が好き」なら、ジュゴンやウミガメ、珊瑚礁など海に住む生物の保護活動といった具合に、好きなことをいろいろ組み合わせてみると「何かしたい」気持ちがより明確になりますよ!

次ページでは、少し前のあなたを振り返りながら、「新しい何か」を探してみましょう。