何度も揚げ物をして汚れてしまった天ぷら油、どう処理していますか? 凝固剤で固めてポイするか、古布や新聞紙に染みこませて燃えるゴミにするといったところが定番でしょうか。実は今、この廃天ぷら油を燃料としてバスを走らせようというエコ作戦が、東京・渋谷で進行中なのです。

その全貌を知ると「汚れたからって、天ぷら油を捨てるなんてもったいない!」という気分になるはず! どこのご家庭にもある天ぷら油のリサイクルで“エコロジーな私”にイメージチェンジしてみませんか?

捨てていた廃天ぷら油は、大切な資源でした!

アースデイ東京2006は4月22日、23日に代々木公園を中心に開催予定。写真は昨年のステージの様子。©アースデイ東京事務局
4月22、23日に行われる「アースデイ東京2006」VDFプロジェクトチームによる“天ぷら油リサイクル大作戦”が決行されます。一般家庭で使い終わった食用の廃天ぷら油をバスの燃料としてリサイクルし、渋谷の街を走らせよう! という作戦です。

「え? 天ぷら油がバスの燃料になるの?」と、思いますか?

なるんですよ! これが。

使い終わって汚れた植物油を精製したものを原料にすると、VDF(ベジタブル・ディーゼル・フューエル/植物性ディーゼル燃料)というディーゼル燃料を作り出すことができます。これは軽油の替わりとして使える燃料で、自動車のエンジンや発電機などへ幅広く利用ができるのです。

VDFは温暖化防止の切り札の1つ

植物油はできるだけ使い切るのが基本。でも汚れて使えなくなったら、リサイクルへGO!
VDFは、再生可能な有機性資源であるバイオマスエネルギーの1つで、地球温暖化防止の期待の星ともいわれています。燃やせばCO2が発生する石油などの化石燃料が、大気汚染や地球温暖化を招く原因と指摘されているのは、よく知られているところですね。

でも、バイオマスエネルギーは元々地上にある資源ですから、燃焼によってCO2が排出されても、大気中のCO2を増加させない「カーボンニュートラル」という特性があります。ここが、バイオマスが地球環境に優しい次世代のエネルギーとして注目されている点です。

2005年2月16日に発効された「京都議定書」で、日本は温室効果ガス排出量6%の削減を目標に掲げています。その達成のため切り札がバイオマス技術といわれ、中でも注目されている有機性資源の1つが、VDFなのです。

簡単にいっちゃえば、今まで捨てていた廃天ぷら油は、実は環境にやさしいエコな燃料として車も動かせるほど立派な資源だった! わけです。環境問題に関心がある人はもちろん、「もったいない」を大切にしたいと思う人も、見逃せない話だと思いませんか?

次ページは回収方法のご紹介。