学校が望む子どもの像

子ども
学校が望む子どもは良い家庭環境で育った子ども/td>
学校が理想と考える子どもは、どんな子どもなのでしょうか。それは次のように考えられます。

1.月齢・年齢相応の身体的、精神的発達をしている
2.感情のコントロールができる(我慢が出来る)
3.その発達が子どもが生活している環境によって育まれている

幼稚園受験と小学校受験では発達段階が異なりますが、まずは知・情・意・体力の4つの面において年齢相応の発達が第一。実際は同年代の平均より発達段階が進んだ子が多く受験するわけですが、生活環境の中で上記した4つの力が身についた子どもが望ましいのです。

知育面だけが突出することがないようバランスの取れた働きかけを心がけることが、お子さんにとっても良いのは当然ですし、学校の理想に近づく道だと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。