早めに最寄り駅へ行く

以下の方法はいつでも通用するわけでもありませんが、「こういう説明会利用の仕方もありますよ」という意味でとらえて下さい。

授業参観がセットされている学校説明会では、参加者の集合時間より早くに、その学校の生徒の登校時間が設定されています。午前中の開催であれば、通常の登校と同じ時間のことも多いでしょう。そこで、生徒の登校時間に合わせて最寄り駅や通学路に行ってみるのです。

すると、その学校の生徒達がいつもどんな姿で登校しているかを知ることができます。説明会ではよそ行きの顔が見られますが、登校風景では普段着の様子を知ることができるわけです。

ただ、ここでひとつお願いしたいことがあります。私立小学校の生徒であっても子どもです。少しはふざけたり、乱暴な言葉をつかったりもする子がいても不思議ではありません。度を過ぎていないかぎり、子どもというのはそういうものだと知っておいて下さい。

最近は潔癖な保護者の方が増えてきており、「あんな大きな声を上げながら登校して!」など、腹を立てる方もいます。特に女のお子さんだけをお持ちの方に多いよう。この年頃の男の子というのは元気なものです。多少のことは大目に見てあげて下さい。いくつかの学校を比較して、相対的に判断を下しましょう。

学校説明会最新情報入手先

最新の学校説明会情報リンク集を持つサイトからこうした日程を知ることができます。以下にリンクをご紹介しますので、興味のある説明会に参加して情報収集に努めましょう。

小学校受験最新情報

東京私立初等学校協会

大阪府私立小学校連合会

また、幼児教室主催の講演会は幼稚園・小学校受験対策の教室から探してみましょう。

■関連記事
小学校も中学校も見るべきところは同じ 学校見学のポイントはここだ!
説明会に出る意味とその有用性
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。