はじめての札幌の楽しみ方

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/5/0/0/5/h0.jpg
札幌の憩いの場、大通公園
札幌は約190万人が暮らす大都市でありながら、中心部に大きな公園、天然記念物に指定された藻岩原始林などがあり、緑豊かでとても気持ちのいい街。また、市内には開拓の歴史を感じるスポット、半日ゆったり過ごせる広大な公園や花畑、動物園、美術館、定山渓温泉などの温泉郷など、さまざまな好奇心を満たしてくれます。
さらに、北海道中の美味が集まる札幌は、食べることを目的にした旅もおすすめ。魚介類、ラーメン、ジンギスカン、スープカレーはもちろん、それだけでは終わらない食べどころは、順次記事をアップしていきますので、お楽しみに。

さて、主だった札幌のエリアを駆け足で紹介しましょう。

■北大~札幌駅エリア
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/5/0/0/5/h1.jpg
札幌の名所、通称”赤レンガ”こと北海道庁旧本庁舎
JR札幌駅に直結し、「大丸札幌」「JRタワー」などが建ち並ぶ一大ショッピングエリア。その近くには、赤レンガでおなじみの「北海道庁旧本庁舎」があります。また、札幌駅北口から徒歩12~13分、あるいは地下鉄南北線「北12条」駅からすぐの場所に、日本一広いキャンパスを持つ「北海道大学」が。学内を散策するのも、気持ちがいいですよ。

■大通~狸小路エリア
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/5/0/0/5/h2.jpg
札幌の中心部にある時計台
長さ約1.5kmに渡って連なる「大通公園」は、大通エリアのシンボル的存在。夏場はこの公園が巨大なビアガーデンに変身します。この一帯もショッピング&レストランエリアですが、「さっぽろテレビ塔」「時計台」などの見どころも点在しています。

南2条と3条の間、1丁目~7丁目まで続く「狸小路」は、観光土産店から飲食店、市場など、さまざまなお店が軒を連ねる商店街。面白いお店が増えている注目のエリアです。

大通エリアは地下鉄東西線/南北線/東豊線・大通駅からすぐ、狸小路は大通界隈から徒歩6~7分。

■創成川イーストエリア
大通公園の東、創成川通りより東側が、創成川イースト。季節の魚介類や野菜が並び、観光客にもおなじみの「二条市場」がある一帯ですが、「のれん横丁」「M's二条横丁」など穴場的飲食店が続々とオープン。地元客が多く訪れ、小さなお店が多いのではしごが楽しいエリアです。

地下鉄東西線/南北線/東豊線・大通駅から徒歩約7~10分

■すすきのエリア
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/5/0/0/5/h4.jpg
ネオン輝くすすきの交差点
お洒落なバーに渋い居酒屋、クラブ、風俗店などなど、多種多彩なお店が混在するエリア。その数4500軒といわれ、東京以北最大の歓楽街です。1つのビルに風俗店やワインバー、レストランが同居してるのも、ススキノならではかもしれません。

実はすすきのという地名は存在しないんです。地下鉄の駅名やビル・店名にあるくらい。この名前の由来は明治時代、この一帯がススキに覆われた原野だったことから付けられたのだとか。開拓者の足止め策として遊郭がつくられ、通称として呼ばれていたのが現在に残ってるのでしょうね。毎夏行われるすすきの祭りでは、往時を偲ばせる花魁(おいらん)道中が街を練り歩き、人気を集めています。
一般的にすすきのは、すすきの交差点のある南4条~南7条、西2丁目~西6丁目の範囲。でも最近は、その周辺にもお店ができているので、正確なところは……です。

すすきのエリアの南側には、「中島公園」やコンサートホール「kitara」などがあります。

地下鉄南北線・すすきの駅、東豊線・豊水すすきの、市電・すすきの駅からすぐ。

■円山エリア
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/5/0/0/5/h5.jpg
大人も楽しめる円山動物園
最近、旅行者にも人気が高い円山エリア「北海道神宮」「円山公園」「円山動物園」などの見どころに加え、住宅地と商業地、老舗店と新しいお店が混在し、また評判のギャラリーや飲食店が多数集まっています。山が近く、緑が豊かな地区でもあるので、街歩きを楽しみながら過ごしてほしいエリアです。

地下鉄東西線・円山公園駅、西28丁目駅の周辺。

旅のアドバイス

上記で紹介したのは、エリアで楽しめる場所です。上記のほか、「モエレ沼公園」「さっぽろ羊が丘展望台」「札幌ドーム」などの人気スポットは、市内にぽつんと点在しているので、移動に時間がかかります。
日帰りや1泊2日の短い日程であれば、行きたい場所を絞ってプランニングするのがおすすめ。
※見どころスポットの詳細記事は、後日アップするのでお待ちください。

【関連記事】
ガイドの覚書き~札幌の美味店【和食など】
ガイドの覚書き~札幌の美味店【仏・伊】
札幌市内のアクセス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。