富士登山交流会
外国人留学生と富士登山を通じて交流しませんか?
日本で学ぶ外国からの留学生・就学生の数は20世紀後半から急増し、今では約16万人が日本の大学や語学学校で勉強しています。しかし、留学生受け入れの体制・対応や彼らとの交流はまだまだだという認識のもと、市民レベルでの「文化・芸術・スポーツの振興を図る活動」をしている国際青少年交流協会というNPO団体があります。

今回ご紹介するのは、その国際青少年交流協会が毎年外国人留学生や日本人学生に提供しているイベント、富士登山交流会です。

ガイドも一度も富士山に登ったことがありませんが、日本人にとってもなかなかチャンスのない富士登山を、日本に学びに来ている留学生と一緒にするのはとても面白いイベントです。

国際青少年交流協会事務局長の林徹郎さんに伺いましたところ、今年で17回目を迎えるこの富士登山交流会では、世界各国の仲間達と一緒に登頂して見る御来光(日の出)は本当に感動するそうです。外国語も話せないし、一人でも参加しづらいし…という方もいらっしゃるかもしれませんが、林さん曰く、「みんな日本語が話せますし、すぐに友達ができるから一人で参加される方も全然心配ありませんよ!」とのことでした。

毎年毎年、「今年こそは登りたいなぁ」と思っているガイドですが、今年はこの交流会に誘われましたので、ぜひ参加したいと思っています!興味ある方は一緒にいかがですか?

富士登山交流会の詳細はこちらをご覧下さい。

ちなみに、富士登山以外にも、国際青少年交流協会は冬にスキー&スノボ交流会を行い、そのほかには日本の漁村や農村でのホームステイを行っているそうです。

海外から外国人留学生が増えている現状を考えますと、日本人が海外に行くという形だけでなく、日本国内での国際交流も積極的に関わっていきたいですね。

【関連リンク】
国際青少年交流協会

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。