3Dネイルをマスターしたい!そんな方へご紹介する3Dネイルをマスターするための3回連続企画の最終回です。前回(第2回簡単な3Dネイルの作り方)では丸型だけで作る3Dネイルの手順と片づけの方法をご紹介しました。 今回はちょっとレベルUPした応用編をご紹介します。
3Dネイル
練習次第で難易度の高いデザインもできるかも!?

スピーディな作業が大事! 3Dネイルでハートを作ろう

今回レクチャーするハート型です。
ではまず応用デザインを作るために必要なテクニックをご紹介します。ハート型は左右対象ということが一番大事! そのポイントをおさえてハートモチーフを作っていきましょう。

1.2回目の記事を参考に、ミクスチャーを爪の上に置きます。これがハートの片側になります。
2.ミクスチャーが固まりきらないうちに、筆を使って写真のようにミクスチャーの端を伸ばし、先を尖らせていきます。
3.ミクスチャーを好みの形に伸ばし終わったところ。サイドの部分を筆の腹を使ってまっすぐに整えます。このまま硬化させるとぷくぷく感たっぷりの3Dネイルになりますが、今回は平らにつぶしています。
硬化する前に、スピーディに作業をおこなうことがポイントです!
4.同じようにハートのもう片方を作ります。左側と同じ大きさのミクスチャーを作ることが大事です。
5.硬化しきる前まで筆を使って形作ることができますので、慎重にイメージした形に仕上げてください。
6.ハートの形が出来上がったら、斜めから見て下さい。この画像のようにミクスチャーの厚さが違う部分が発見できます。
7.もし凹凸があれば小さめのミクスチャーを足して、表面が滑らかになるように整えます。
これで3Dのハートモチーフができあがりです。


次のページではぷっくりお花の応用3Dネイルをご紹介します!