今や男性も美容に興味を持ち始め、男性用のコスメも出ている位。男性の眉メイクもかなり一般的になってきました。

生やしっ放しもワイルドでカッコいいと思います。
ですが、ワイルドならワイルドなりに、計算されたワイルド眉はほんの少しだけ手を加えてあげるだけでかなりの変化。

一般的になって来たとはいえ、やり方やどんなアイテムを使えばいいのか分からない方も多い事と思います。今回は初心者でも出来る簡単眉メイクをご紹介。

やり過ぎはNG。ほんの少し手を加えてあげればOK。

眉用コーム
【眉用コーム】 まず使うのは眉用コーム。これは女性の場合マスカラをつけたまつげを梳かしたりという用途にも使います。

このコームを使って眉を下の方向へと梳かします。ちなみにこのコーム、薬局なら必ずと言って良いほど売っています。最近はコンビニにもちらほら。


眉用ハサミ
【眉用ハサミ】 次は眉用ハサミを使ってカットしていきます。普通のハサミでは大きすぎて切りにくいだけでなく、切りすぎる心配や皮膚まで切ってしまう心配があります。眉用ハサミは平行でなく沿っているので、皮膚を切ってしまう心配がありません。

ブラシを眉にあてた時に眉下にはみ出しすぎている眉毛だけをカットします。ひじを台において固定しながら作業すると、手が震える心配がないので、必ずひじは台の上に!こちらも薬局やコンビニで購入出来ます。


眉用シェーバー
【眉用シェーバー】 次は眉用のシェーバーを使って産毛を剃っていきます。まずは眉の上の産毛を剃ります。おでこの上の方を利き手の逆の指で上に持ち上げ、シェーバーを上から下に向かって沿っていきます。カミソリを使うと肌があれてしまいますが、電動のシェーバーなら皮膚を切る事も無く安心。こちらも同じく台の上にひじを固定して行いましょう。

眉下の産毛は、眉を利き手と逆の指で持ち上げ、上から下にシェーバーを動かして剃っていきます。ドライヤーなどの電化製品を置いてある所などで購入可能です。




いかがでしたか?急に形を変えたりすると、違和感が生じてしまうので、大幅に形を変えたくても徐々に自分に似合う形に少しずつ変えていくのがオススメです。眉は顔の大切な一部ですので、集中して注意しながら行って下さいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。