顔全体に同じ量のファンデーションをのせるという事は、顔全体に陰影が無く、とてものっぺりした顔に仕上がってしまいます。

そうなのです、顔の部分によってファンデーションの量を変えるという事は立体感が生まれて顔が小顔に見えるという事なのです!

しかも今回はガイド流にアレンジを加えて、小顔だけでなく部分によってファンデ量を調節し、崩れない肌も作れる一石二鳥のベースメイクをご紹介!

顔のアウトラインはスポンジを使って一気にぼかす!

アウトライン
【アウトライン】 まずは顔のアウトライン。顎のラインやも額の生え際、もみあげの部分など、顔のアウトラインにしっかりファンデが乗りすぎていると、のっぺり見えるだけでなく、必要以上に厚化粧に見えてしまうのです。更に言うと額などは汗をかきやすい部分なので崩れの原因にもなってしまうのです。顔全体にリキッドファンデーションをのせたら、スポンジを使って伸ばす様にしてファンデーションを薄く仕上げる様にしましょう。


崩れやすいTゾーンは極力少量に!

Tゾーン
【Tゾーン】 Tゾーンは非常に分泌の多い部分なので、ここはリキッドファンデは薄く仕上げるのが鉄則!!また、このTゾーンにのせるファンデーションは若干明るめのものがあれば、鼻筋にハイライトの効果がえられるので一石二鳥。ファンデーションの時点で明るさを変えてハイライト代わりにすれば、驚くべきナチュラルな仕上がりなので周りから見ても違和感がありません。Tゾーンは明るめなファンデと言いましたが、小鼻の部分別!鼻筋と同じ明るめなファンデを使ってしまうと、鼻全体が浮き上がって見えるので、小鼻には顔全体に塗っている本来のファンデーションの色をのせてください。ここも同じく崩れやすい部分なので少量にする事。そうする事によってよりスッキリとしたノーズラインが得られます。


よく動かす目元口元は少量仕上げでしっかり叩き込んで!

目元口元
【目元口元】 まばたきする時や、話したりする時によく動く目元口元は、それだけで崩れやすくなっています。したがってこの部分には少量のリキッドファンデーションをのせて、指でしっかりと叩き込んで崩れにくくしてあげる事が必要。目の下や口の周りなどは、スポンジを使って叩き込んであげると、より密着度が増して崩れにくくなりますよ。


以上の様にして部分で量を調節してあげると、小顔に見えるだけでなく崩れない肌も手に入れることが出来ます。しかし、薄く仕上げた部分でトラブルが目立ってしまう部分もありますよね。そんな方は・・・

リキッドコンシーラーを使ってトラブルを解決

トラブル
【トラブル】 少量にするといった小鼻付近などは、毛穴の目立つ部分でもありますよね。そんなポイントにはリキッドコンシーラーを直接肌にのせてから指でしっかりと塗りこみます。そして仕上げにスポンジでトントンと叩いてあげれば、乗せ過ぎたコンシーラーだけがスポンジに付着するので、厚塗りによる崩れの心配も無くトラブルを解決できます。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。