洗面イメージ
男性も身だしなみの一つとして眉毛を整えるのは当たり前となってきました。
最近はメンズエステやメンズコスメなど、女性だけのものと思っていたものが急激に日本に浸透してきているのをご存知でしょうか?

「メンズエステ」「メンズコスメ」というと遠い存在の様に感じる方もまだいらっしゃると思いますが、スキンケアをしたり、眉を整えたりなんてもう当たり前。髭を剃るのと同様に、現在男性にとって必要不可欠になっています。少し前までは、男がそこまで…なんて考えもありましたが、そんな考えはもう古いのです!!

特に眉毛は髪型や髭などに例えると分かりやすいのですが、伸ばしっぱなしにするととても印象が悪いですね。「だらしない」「不潔」などの悪い印象を与えてしまいます。眉毛も同じことが言え、眉毛を整えることは、顔全体をスッキリ見せるだけでなく、若々しい印象を与えます。

実際、女性としても相手の男性が身だしなみに気を使っていたら悪い気分はしないだろうし、ビシっと決めている男性ってバリバリ仕事をこなしそうな感じがしますよね。そう、自分を磨くことは全てプラスに繋がるのです!

しかし今までそういった事に興味がなかった方が、急にエステやコスメ、なんて言われてもピンとこないし、実際するとなると何をどうするのか分からないという方も多いはず。そんな男性のために手軽にチャレンジできる“眉の手入れ”をご紹介します!

【使用するアイテム】
・眉用コーム(ブラシがセットになっているもの)
・眉カット専用はさみ
・毛抜き
・乳液またはワセリン
・眉専用カミソリ
・ペンシルアイブロー


伸びた眉毛をカットして、ボサボサ感をなくす!

ステップ1
【STEP1】 眉用コームの反対側についているブラシで眉毛の流れをとかして整えます。

ステップ2
【STEP2】 眉の上方から軽く眉用コームをあてて、はみ出した毛を必ず眉尻から眉頭方向にはさみを向けて慎重にカットしていきます。眉用コームを強くあててカットすると眉毛が短くなりすぎてしまうので、軽くそえるように優しくあてましょう。


余分な毛を抜き、眉ラインをハッキリさせる!

ステップ3
【STEP3】 基本になっている眉のライン以外に生えている余分な毛を毛抜きで抜いていきます。抜くときは毛が生えている方向に逆らわずに抜きましょう。

ステップ4
【STEP4】 抜きづらい目の上の毛は、眉の上を指で持ち上げながらやると、抜きやすくなります。


抜けきれなかった細かい毛を剃って、さらにスッキリと!

ステップ5
【STEP5】 眉全体に乳液またはワセリンを馴染ませます。これは眉毛を柔らかくし、肌の滑りをよくなるため、眉毛を剃ったとき肌への負担が少なくさせるためです。

ステップ6
【STEP6】 眉専用カミソリを力をいれず優しく剃っていきます。あくまでも産毛など細かい毛を剃るための事なので、無理やり基本になっている眉のラインを剃ったりしないように気をつけましょう。そして絶対髭剃り用のかみそりなどは使わないこと!肌を傷つけるだけではなく、間違えて眉毛を全部そり落としてしまう危険性がありますので要注意です。


仕上げはアイブローで毛の薄い部分をカバー!

ステップ7
【STEP7】 眉には薄くなっている部分などがあるため、目立ってしまう方はアイブローで軽く描きましょう。髪を染めている方は自分にあった色のアイブローを使いましょう。髪を染めてない方はグレーがベストです。

ステップ8
【STEP8】 描いた部分は必ず描いた後に眉用ブラシでとかして馴染ませましょう。ブラシでよく馴染ませることで、自然な眉に仕上がります。


画像タイトル
画像タイトル

Before

After


このように劇的に眉の形を変えずとも、すっきりとしているだけで、清潔感も増し、目に力も感じられます。はじめは難しく感じるかもしれませんが、段々馴れてやりやすくなってきます。徐々に形を変えたりして、自分にあった眉を捜してみてください。

こういった、さりげないオシャレをしている男性は、すごくカッコいいし、周囲の見る目も変わります。みなさんもぜひ眉を整えて、“プチイメチェン”を試してみて下さい!