iPhone/iPhoneの裏技

iPhoneで長いURLを短縮する方法! ショートカットと専用アプリそれぞれの使い方

iPhoneで長いURLを短縮する方法を解説します。iPhoneのショートカットや専用アプリを活用すれば、ワンタップで簡単に、URLを短くできます。

ばんか

執筆者:ばんか

インターネットサービスガイド

iPhoneで長いURLを短縮する方法

iPhoneで長いURLを短縮する方法

Webページのリンクを友だちにシェアしたり、SNSに貼り付けたときに、そのURLが長すぎて困ったことはありませんか?

そんなときは「短縮URL」が便利です。iPhoneのショートカットアプリや専用アプリを活用すれば、ワンタップで簡単に、URLを短くできます。
 

iPhoneで長いURLを短くする方法は2つ!

iPhoneで長いURLを短縮する方法

短縮URLを使えば長いURLもすっきり

筆者はよく、Twitterで140文字を超えてしまうことがあって、そんなときに短縮URLを利用しています。またURLに日本語が含まれている場合、URLがとても長くなってしまうので、短縮してから共有することがありますね。

本記事では、iPhoneで短縮URLを作成する2つの方法を紹介します。ショートカットアプリを活用する方法と、専用のアプリを使用する方法です。個人的には、専用のアプリを使用するほうが簡単なのでおすすめですね。
 

iPhoneのショートカットを使って短縮URLを取得する方法

まずはじめに、Appleが提供している「ショートカット」アプリを使って、短縮URLを取得する方法を紹介します。

1. 
スポットライトやAppライブラリ検索から「ショートカット」アプリを検索し、アプリを立ち上げます。もしアプリがインストールされていなければ、AppStoreからダウンロードしてください。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

「ショートカット」アプリを立ち上げる


2. 
アプリを開いたら右下の「ギャラリー」を選択し、検索窓に「URL」と入力します。

3. 
すると「URLを短縮」というレシピがありますので、右上についている「+」アイコンをタップし、マイショートカットに追加します。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

「URL」で検索し、「URLを短縮」のレシピをマイショートカットに追加

前準備はこれで完了です。

4. 
Safariなどで共有したいページを開いたら、共有アイコンをタップ。表示されたメニューの中から「URLを短縮」を選択します。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

共有したいページを開いたら、共有アイコンをタップ。メニューの中から「URLを短縮」を選択する


5. 
すると画面上部に、先ほど追加したショートカットのレシピが無事に動いていることを知らせる通知が表示されますので、これで完了。あとはSNSやLINEなどで「ペースト」をすれば、短縮されたURLを貼り付けることができます。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

完了通知が届くので、あとはSNSやLINEなどで「ペースト」をすればOK

なお、最初に使用した際に、ポップアップで「“is.gd”に接続することを許可しますか?」「クリップボードにコピーすることを許可しますか?」と聞かれますが、これはそれぞれ「常に許可」を選択してください。

共有アイコンをタップしたあと、メニューの中に「URLを短縮」が表示されない場合は、画面一番下の「アクションを編集…」をタップ。表示された一覧の中から「URLを短縮」を選択してください。
 

アプリ「Bitly」を使って短縮URLを取得する方法

短縮URLサービスの最大手である「Bitly」の専用アプリを使った方法です。アプリは以下のリンクからインストールできます。

関連リンク:iPhoneアプリ「Bitly(無料)」のダウンロードはこちら

「Bitly」のアプリを使えば、作成した短縮URLの履歴を保存できたり、そのリンクのアクセス状況をチェックしたりもできます。

使い方も非常にシンプルで簡単なので、「ショートカットってよく分からない」という人にもおすすめです。

1. 
アプリをインストールしたら、最初に会員登録をします。特にお金が発生することもありませんのでご安心を。Appleのアカウントと連携することもできるので、ほんの数秒で完了します。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

会員登録をする


2. 
アカウントを作成したら完了。細かい設定などは不要です。

3. 
Safariなど、URLを取得したいページを開いたら、共有アイコンをタップ。共有先の一覧の中から「Bitly」アプリを選択します。

※アプリの一覧に「Bitly」がない場合は、「その他」を選択してください。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

取得したいページを開いたら、共有アイコンをタップ。「Bitly」アプリを選択する


4. 
URLのリンク先の情報が表示されますので、右上の「Shorten」をタップ。すると「短縮URLがクリップボードに保存されました」という英語のアナウンスが表示されます。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

右上の「Shorten」をタップすると「短縮URLがクリップボードに保存されました」と表示される


5. 
あとは、SNSやLINEの投稿画面などで「ペースト」をすれば完了。短縮されたURLが貼り付けられます。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

短縮URLが貼り付けられた


・過去に作成した短縮URLも再利用できる
「Bitly」のアプリを開けば、過去に作成した短縮URLを再利用できますし、そのURLにアクセスしたユーザーの数を分析したりもできます。アクセス解析はあまり使う機会はないかもしれませんが、URLの履歴が残るのはうれしいですね。
iPhoneで長いURLを短縮する方法

URLの履歴が残っている

 

短縮URLのデメリット

URLが短くなるのは便利ですが、リンク先が予想できなくなるというデメリットについては、使用する前に考慮しておく必要があります。

たとえば筆者がAll Aboutで書いた記事一覧ページのURLは「https://allabout.co.jp/gm/gp/1452/library/」となります。URLには「allabout.co.jp」が含まれているので、見ただけで「オールアバウトの記事なんだな」と分かりますね。

しかしこれを短縮してしまうと「https://bit.ly/38QwZVa」という形で、URLの原型がなくなってしまい、リンク先のページの予想がつかなくなってしまいます。

これだと、リンクを送られてきた側はちょっと不安。「変なサイトに誘導されるのかな」と警戒してしまいます。

ですので、何か特別な事情がない限りは、基本的には短縮せず、普通にURLを送ったほうがいいかもしれませんね。ケースバイケースで使い分けるようにしましょう。


【おすすめ記事】
「iPhoneの裏技」記事一覧
iPhoneの中身を大掃除する裏技! 不要なファイルは消しておこう
iPhoneでダウンロードした物はどこへ?ファイルアプリの使い方
意外と知らない、iPhoneのアプリを完全に削除する方法
iPhoneがネットに繋がらないときに試したい対処法まとめ
iPhoneで見られたくないアプリアイコンを隠すショートカット活用術
 
【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon で人気の iPhone 用品をチェック!楽天市場で iPhone の関連商品をチェック!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます