iPhoneのバッテリー消耗を節約する方法

iPhoneのバッテリーを節約する方法

急な停電で、iPhoneの残りバッテリーが心配! そんなときに、ササッとできるiPhoneのバッテリー節約術をまとめてみました。

すぐに実践できる方法ばかりなので、緊急時の役に立ててください。
 

低電力モードをオンにする

「設定」→「バッテリー」→「低電力モード」をオンにします。

低電力モードを有効にすると、iPhoneのパフォーマンスを抑えることで、バッテリーの消耗を抑えることができます。

具体的には、以下のような機能が制限されます。
  • 5G接続
  • 自動ロック
  • ディスプレイの明るさ
  • 一部のビジュアルエフェクト
  • iCloud 写真のアップロード
  • 自動ダウンロード
  • メール取得
  • Appのバックグラウンド更新
 

ダークモードに変更

「設定」→「画面表示と明るさ」→「外観モード」をダークモードに変更

「iPhone X」以降の機種で採用されている有機EL(OLED)ディスプレイでは、黒色の表示に発光が必要ありません。そのため、ダークモードにして黒を基調にすれば、省電力効果があるとされています。

液晶ディスプレイ(LCD)の場合は、黒色表示にもバックライトの発光が必要になるため、ダークモードにしても省電力効果は期待できませんので、ご注意ください。
 

Wi-Fi・Bluetooth・AirDropをオフ

「コントロールセンター」→「各種アイコン」をタップし、それぞれオフに変更

Wi-Fi・Bluetooth・AirDropをオンにしておくと、常に接続先を探している状態になるため、バッテリーの消耗が増えるとされています。

もし緊急で必要ないのであれば、各種機能をオフにしておきましょう。
 

位置情報サービスをオフ

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をオフ

iPhoneを使っているとき常に、あるいはアプリの使用時、iPhoneの位置情報を取得する設定です。通信が発生するため、バッテリーの消耗が大きくなるので、オフにしておきましょう。

アプリごとに細かく設定を調整することもできますが、「常に」となっているものは積極的にオフにするようにしましょう。
 

その他の細かい節電テクニック

上記で取り上げた方法以外にも、バッテリーの消耗を抑えるテクニックがありますので、それらをご紹介します。あわせてご活用ください。

■ Live壁紙、ダイナミック壁紙を使用しない
「設定」→「壁紙」→「壁紙を選択」→「静止画」を選択する。

■ APPLEからの提案をオフにする
「設定」→「Siriと検索」→「APPLEからの提案」に含まれる項目をすべてオフにする。

■ 視差効果をオフにする
「設定」→「アクセシビリティ」→「動作」→「視差効果を減らす」をオンにする

■ 明るさの自動調節をオンにする
「設定」→「アクセシビリティ」→「画面表示とテキストサイズ」→「明るさの自動調節」をオンにする



【おすすめ記事】
「iPhoneの裏技」記事一覧
iPhoneの中身を大掃除する裏技! 新年度に備えて不要なファイルは消しておこう
iPhoneが「熱い」とき、真っ先に試すべき対処法6選
iPhoneの正しい充電のやり方! バッテリーがヘタるNGな使い方とは
iPhoneを急速充電する裏ワザ! iPad用充電アダプタを活用しよう
iPhoneを買ったら必ず設定しておきたい38の項目



 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。