ファイルアプリの使い方

iPhone「ファイル」アプリの使い方

iPhoneには「ファイル」というアプリがあります。人によってはあまり利用機会がないアプリかもしれませんが、実は日常生活でも役立つ場面も多いアプリのひとつです。

使い方がわかると、いろんな活用方法へ応用できるので、その仕組みや使い方はぜひ知っておきましょう。
 

iPhoneの「ファイル」アプリとは

「ファイル」アプリは、iPhoneに関係するファイル・保存したデータをまとめて管理できるアプリです。

iPhoneで保存したデータ、Safariでダウンロードしたファイルは、主にこの「ファイル」アプリに保存されます。

それだけでなく、各種オンラインストレージサービスで保存したデータも、このアプリから閲覧・管理が可能。Appleの「iCloud Drive」だけでなく、「Dropbox」「Google Drive」「Box」などなど、さまざまなサービスを横断してファイルを管理できます。

iPhoneだと、普段は写真データを触ることが多いかもしれませんが、PDFの閲覧や印刷が必要になるケースもあるかと思います。そんなときに、この「ファイル」アプリを利用するのです。

ちなみにファイルアプリが見つからないときはiPhoneのSpotlight(スポットライト)検索を利用するのが一番簡単。ロック画面やホーム画面を右にスワイプして「ふぁ」と入力すれば、すぐに見つかりますよ。
ファイルアプリの使い方

ロック画面やホーム画面を右にスワイプしてスポットライト検索で「ふぁ」と入力

 

オンラインストレージとの連携方法

Appleが提供しているオンラインストレージ「iCloud Drive」を使うためには、iPhoneの「ファイル」アプリを使う必要があります。「iCloud Drive」という専用アプリがあるわけではないので注意が必要ですね。

加えて、DropboxやGoogle Driveなど、他のオンラインストレジーとも連携が可能。それぞれ専用のアプリを起動しなくとも、この「ファイル」アプリさえあれば一元管理できてしまいます。

「iCloud Driveに保存したデータを、Dropboxに移したい」
「Dropboxに保存したファイルをiPhoneで見られるようにしたい」

といったような、サービスをまたいでファイルを受け渡しできるのが強みですね。

オンラインストレージと連携するための手順は以下の通り。

まず、「ファイル」アプリを開いたら、「ブラウズ」のタブを選択して、右上の「…」アイコンをタップ。でてきたメニューから「編集」を選択します。すると、連携できるサービスが一覧で表示されるので、必要なサービスをオンにします。
ファイルアプリの使い方

連携したいサービスをオンにする

なお、オンラインストレージと連携するためには、そのサービスのアプリもインストール&ログインする必要があります。たとえば「Dropbox」と連携したいなら、個別に「Dropbox」アプリもiPhoneにインストールして、ログインしておく必要があります。
 

Safariでダウンロードしたデータの保存場所

「Safariでファイルをダウンロードしたんだけど、どこに保存されたのかわからない」といったトラブルは、よくありがちです。

ダウンロードしたファイルの保存場所は、設定から変更可能です。

設定アプリを開いたら「Safari」を選択。「一般」の中にある「ダウンロード」を選択し、保存先を指定します。
ファイルアプリの使い方

保存先を指定する

 

保存されたデータの保存場所を調べる方法

もし「保存された場所が全然わからない!」という場合は、ファイルアプリを開き、「最近使った項目」を選択しましょう。ここには、直近で使用したデータが時系列で並びます。

データの保存場所を知りたいときは、サムネイルを長押し。出てきたメニューから「情報」を選択します。
ファイルアプリの使い方

サムネイルを長押しで「情報」を選択


・データの保存先を確認できる
​​​​​「場所」という項目が、このデータが保存されているフォルダの場所になります。リンクをクリックすると、そのフォルダまで移動できます。
ファイルアプリの使い方

リンクをクリックすると、そのフォルダまで移動できる

iPhoneでダウンロードした画像以外のファイルは、ファイルアプリに保存されるケースが多いです。保存場所に思い当たるフシがない場合、まずはファイルアプリを探してみましょう。※画像は「写真」アプリに入ることも多いので、そっちも確認してみましょう。
 

コンビニでPDFを印刷するときにも「ファイル」を使う

セブン-イレブンやファミリーマートなど各種コンビニでは、iPhoneのファイルアプリに保存してあるPDFファイルを印刷することができます。
ファイルアプリの使い方

コンビニの便利なプリントサービス

専用のアプリをインストールしておけば、コンビニに置いてあるコピー機から印刷可能。その場で「ファイル」アプリに保存されたデータを選び、即座に印刷できます。

筆者はよく、パソコンで作成したデータを「iCloud Drive」に保存して、そのままコンビニに直行。iPhoneの「ファイル」アプリから、作成したデータを印刷しています。

以前までなら、いちいちUSBメモリなどに移し替えていたところですが、そういった手間が不要になったのは嬉しいポイントです。


【おすすめ記事】
「iPhone活用術」記事一覧
iPhoneが重いときの対処法まとめ! 本当に効果的なものだけ
iPhoneのスクショ暴発の予防策!ボタン同時押し以外のスクショ撮影方法とは
iPhoneのギガ節約術! 省データモードとアプリのWi-Fi限定使用
iPhoneの文字入力スピードが5倍以上になる14のテクニック
意外と知らない、iPhoneのアプリを完全に削除する方法
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。