iPhoneが重いときの対処法!本当に効果的なものだけ
iPhoneの動作がもっさりと遅くなってしまった。そんなときの対処法をご紹介しましょう。

Googleで検索すると、さまざまな方法を提案している記事があると思います。しかしその中には、効果がほとんど期待できないようなものも多く含まれています。

今回はそういった無駄なものは省き、本当に効果があるものだけを厳選してご紹介します。
 

真っ先に試したいのは再起動

iPhoneの調子が悪いなと思ったら、まずは再起動を試してみてください。これで大半の不具合は解消されます。

再起動とは、つまり、iPhoneの電源を一度オフにして、再度電源をオンにすること。

電源をオフにするには、「電源ボタン」と「音量ボタン(上か下、どちらでもOK)」を同時に長押しして、「スライドで電源オフ」を右に動かします。
 
「電源ボタン」と「音量ボタン(上か下、どちらでもOK)」を同時に長押しする

「電源ボタン」と「音量ボタン(上か下、どちらでもOK)」を同時に長押しする

ホームボタンがあるタイプのiPhoneなら、電源ボタンを長押しすればOKです。
 

iPhoneのストレージ空き容量を確保する

iPhoneの中に入っているデータが、容量ギリギリまでパンパンに入っていると、iPhoneが重くなってしまう可能性があります。ストレージ(容量)は、少し余裕があるぐらいをキープしましょう。

iPhoneのストレージ空き容量を調べるには、設定アプリを開き、「一般 > iPhoneストレージ」と進みます。すると、iPhoneのストレージを専有しているデータの割合がわかります。
設定アプリの「一般 > iPhoneストレージ」でiPhoneのストレージを専有しているデータの割合が分かる

設定アプリの「一般 > iPhoneストレージ」でiPhoneのストレージを専有しているデータの割合が分かる

加えて嬉しいのが、容量が大きいアプリがランキング形式で表示されること。iPhoneの容量がパンパンなときは、このランキングを手がかりに、不要なアプリやデータを削除するようにしましょう。

「動画」「ゲーム」などはデータ量が比較的大きくなりがち。YouTubeやAmazon Prime Videoなどの動画サービスで、オフラインで見るために保存してあった動画などは、積極的に削除しておきましょう。

また、LINEなどは過去にやりとりをした写真や動画のデータが残って、それが容量圧迫の原因になるケースが増えていますので、気をつけましょう。
 

iPhoneの初期化・復元も検討

iPhoneのストレージの空き容量を見て、「その他」のデータが増えてきたら、iPhoneの中に不要なデータが溜まっている可能性があります。

そういう場合は、iPhoneを出荷時の状態まで初期化して、バックアップから復元することも検討しましょう。

iPhoneの初期化は、設定アプリを開いたら、「一般 > リセット」と進み、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。
設定アプリの「一般 > リセット」で「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

設定アプリの「一般 > リセット」で「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

復元するためにはバックアップが必要になりますので、初期化の直前には必ずバックアップを取るようにしましょう。

バックアップを取るときは、設定アプリを開き、「ユーザ名 > iCloud > iCloudバックアップと順番に進み、「今すぐバックアップを作成」をタップすればOKです。
 

ゲームではフレームレートや画質を落とす​​​​​

「iPhoneでゲームをしていると、もっさりと動作が重くなってしまう」というトラブルも多いようです。

iPhoneのゲームはどんどんレベルが上ってきていて、適切に描画・処理するために、iPhoneに高い性能を求められるようになってきています。

少しでもiPhoneへの負荷を減らすには、ゲーム内の「画質」や「フレームレート」を落とすのが効果的です。
ゲーム内の「画質」や「フレームレート」を落とすのも効果的

ゲーム内の「画質」や「フレームレート」を落とすのも効果的

特に「フレームレート」を下げるのは大切。「フレームレート」は、単位時間あたりに処理されるフレーム(コマ・静止画)の数を指します。

動画とは、細かくみれば静止画の集まり。この静止画を、1秒間に30枚見せるのか、それとも60枚見せるのかで、滑らかさに違いがでてきます。描画に必要な画像の数を減らす(つまりフレームレートを下げる)ことができれば、それだけiPhoneにかかる負荷を減らすことができます。

その分だけゲームの滑らかさは損なわれますが、それは致し方ない代償だと思うしかありません。

また、世代が古いiPhoneだと、そもそもゲームを遊ぶために必要なスペック要件を満たせていないこともあります。そういう場合は半ば諦めるしかないかもしれません。
 

充電しながらの使用をやめる

iPhoneを充電しながら使用すると、iPhone自体が熱くなりやすく、処理がスムーズに行われなくなるケースがあります。

特にゲームのときは注意が必要。バッテリーの減少が早いので、充電しながらゲームをやりがちですが、そうするとiPhoneがどんどん熱くなってしまいます。

iPhoneへの負荷が高い操作をするときは、あらかじめたっぷり充電しておくのが大切。バッテリー残量が少なくなったら一度操作をやめて、充電に集中させましょう。
 

その他の細かな対策・対処法

その他、一応「効果がありそうなもの」をいくつかご紹介します。しかしこれらは微々たる対策で、根本的な解決にはならない可能性がありますので、箸休め程度に覚えておいてください。

●バックグラウンド更新をオフ
アプリを使用していないときでも、アプリ内の情報を最新の状態に保ってくれるように、iPhoneでは設定されています。

それはつまり、アプリがバックグラウンドで動いているということ。iPhoneが常に何か処理をしている状態が続くことになります。

不要なアプリは、バックグラウンドでの更新をオフにしておきましょう。設定アプリを開き、「一般 > Appのバックグラウンド更新」と進み、不要なアプリはオフにしておきましょう。
設定の「一般 > Appのバックグラウンド更新」で不要なアプリはオフにしておこう

設定の「一般 > Appのバックグラウンド更新」で不要なアプリはオフにしておこう

●自動アップデートをオフ
同じく、アプリを自動的にアップデートするように設定しておくと、iPhoneの裏側でデータ通信が行われることになってしまいます。これも不要であればオフにしておきましょう。

設定アプリを開き、「App Store」をタップ。自動ダウンロードの項目(「App」と「Appのアップデート」)をオフにしておきましょう。
 
設定アプリを開き、「App Store」をタップ。自動ダウンロードをオフにしておこう

設定アプリを開き、「App Store」をタップ。自動ダウンロードをオフにしておこう

●視差効果を減らす
iPhoneで描画される表現をシンプルに単純化することで、iPhoneへの負担を減らせる可能性があります。

設定アプリを開き、「アクセシビリティ > 動作」と進み、「視差効果を減らす」のチェックをオンにしておくと、ある程度の効果が見込めるかもしれません。
設定の「アクセシビリティ > 動作」で「視差効果を減らす」のチェックをオンに

設定の「アクセシビリティ > 動作」で「視差効果を減らす」のチェックをオンに

●使っていないアプリを完全に終了させる
アプリの画面を消しても、実はバックグラウンドでは起動中だったりします。これらの「バックグラウンドで動いているアプリ」を完全に終了させると、iPhoneへの負荷を減らすことができるかもしれません。

画面下から上に向かってスワイプするとき、途中で指を止めます。するとマルチタスクが開くので、終了したいアプリを更に上にスワイプで流します。
マルチタスクを開いて、使っていないアプリを完全に終了させる

マルチタスクを開いて、使っていないアプリを完全に終了させる

効率的に終了させたいときは、指を2本・3本同時にスワイプすると、一気に複数のアプリを終了させることができます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。