どんなに練習してもできなかったことが、新しい道具に替えるだけで簡単にできてしまうことってありますよね。
スポーツにしてもメイクにしても、技術を磨くと同時にツールにこだわることも大切だと思うのです。

そこで今回は、技術いらずでメイクが数段上手くなる“こだわりツール”をご紹介してみたいと思います。その正体は……、

そう、“マスカラブラシ”なのです!


マスカラの仕上がりを決めるのはマスカラブラシ!

“マスカラブラシ”と聞いて「?」と思った人は必読!

つきすぎたマスカラ液やダマを取り除き、マスカラをまつげになじませる“コーミング”は、マスカラの仕上がりを大きく左右する作業。そのコーミングの際に使うのがマスカラブラシです。

ナニゴトも仕上げが肝心。とはいいますが、
ことメイクに関しては、“ぼかす”“なじませる”といったいわゆる“仕上げ作業”ですべてが決まるといっても過言ではないほど。

つまり、マスカラの仕上げはマスカラブラシで決まるといっても過言ではないワケです。

それなのに、店頭に並ぶマスカラブラシのラインナップは余りに貧弱。
眉兼用のスクリューブラシやコームを使っている人がほとんどなのではないでしょうか。

ガイドもそのひとり。ところが、出会ってしまったのです、運命のマスカラブラシに!

ナチュラル? ボリューム? 仕上がりの好みで毛質を選択

毛質からカットにいたるまで、好みにあわせて注文できるオーダーメイド感覚のマスカラブラシを販売しているのがウェブショップ・クリニエール

毛質が硬く毛量の少ない「クリニエール スーパーハード」、やや硬くやや少な目の「クリニエール ハード」、さらに毛質はやわらかく毛量が多い「クリニエール ソフト」と3タイプのブラシが揃い、仕上がりや使用するマスカラのタイプ別に選ぶことができます

ガイドが試した感じでは、毛質がやわらかく毛量が多いほど、まつげにブラシがよく絡み、繊細な仕上がりになる感じ。

例えばこってり系マスカラを重ねづけするボリューム派には、ボリュームを殺さずゴージャスに仕上げる「クリニエール スーパーハード」。ナチュラルな仕上がりが好みなら「クリニエール ソフト」がおすすめとなるのです。

ショップでは好みのマスカラや仕上がりごとに、おすすめの毛質を丁寧に解説してくれているから、誰でも自分に合った一本を見つけることが可能。使いたいマスカラに合わせて選べるマスカラブラシなんて、これまでありました!?

「根元から梳かす」なら毛先のカットも重要に

より美しいマスカラの仕上がりを求めて、「とにかくまつげを根元から梳かす」ことにこだわったクリニエール、そのこだわりが最もあらわれているのがブラシ先の形状です。

まつげの根元にしっかり届くように、シャープにカットされた毛先。さらに、より確実に根元に届くように毛先を斜めにカットしたタイプには、“右利き用”と“左利き用”が用意されている細かさなのです。(右の写真では分かりにくいですがショップのカット形状解説ページにも写真があります)

下まつげや眉と幅広く使えるフラットタイプもあるのですが、ガイド的には迷わずこの斜めカットタイプをおすすめ。

ガイドは右利きなので“右利き用”を試したのですが、これまでどのブラシでも届かなかったまつげの根元に毛先が届く! まさに痒いところに手が届くといった感動を味わいたいなら、断然斜めカットタイプです。

根元まで届くブラシでしっかり梳かすから、醜いダマは残さずナチュラルな仕上がり。この仕上がりがこの価格で手に入るなら、無駄な投資じゃないですよね。

マスカラの腕を上げたいなら、新作マスカラ購入に走るより、まずクリニエールのブラシを一本!……なのです。

オーダーメイドマスカラブラシ・クリニエール 各タイプ 各1,200(消費税別60) (ウェブショップ・クリニエール)

○商品の詳細はこちらでチェック
(ブランド名をクリックすると公式にジャンプします)
ウェブショップ・クリニエール 04-7122-3971


もっと知りたい! 関連リンク集
マスカラの仕上がりをアップする正しい塗り方って?
→「
極めよ! マスカラ道」へ
こだわりのブラシやツールって他にどんなものがある?
→「
ブラシ・毛抜き他メイクツール
ガイドのおすすめコスメをもっと教えて!
→「
ガイド岡田のおすすめコスメ」へ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。