メガネの効用が “視力矯正”だけに留まらないという事実にはもうみんな気づいているはず。寝不足のクマがちな目をさり気なーくカバーしたり、表情にちょっぴり知的な印象をプラスしたり……メイクに似た働きをしながら、その効果はメイクの比ではないのだから、取り入れないテはありません。

とはいえ、メガネの日のメイクには普段とは少し違ったルールがあるのも事実。“メガネメイク”のポイントをおさえて、“メガネ美人”を目指しましょう。


「ポイントはひとつ」が鉄則だから……

メガネメイク成功の秘訣は?くっきり! はっきり! とにかく顔立ちを強調することが目的の舞台メイクならいざ知らず、普段のメイクで失敗しないコツは、“目もと”か“口もと”のどちらかにポイントを絞ること。このサイトでも繰り返し伝えてきた大原則です。

例えばマスカラで目ヂカラUPしたアイメイクに、しっかり輪郭を描いた濃色口紅はトゥマッチ。リップグロスやシアー口紅などでナチュラルな口もとを演出するのが正解です。

逆に、リップメイクにポイントをおきたい場合はアイメイクをおさえて。アイシャドウの色など、控えめなものを選びましょう。

さて、では“メガネメイク”の場合は?

正解はメガネの目もとにポイントを絞って、リップメイクをおさえることなのです。

メガネのフレームはどんなアイシャドウより主張する存在。たとえフチなしのものをかけたとしても、それだけで周囲の視線は目もとに(あるいはメガネ)に集中してしまうものなのです。

そんなとき主張のあるリップメイクを採用してしまったら……主張と主張が喧嘩して、やりすぎやキツイ印象の元に。メガネの日、メイクは潔くその目もと重視で行きましょう!

メガネの目を際立たせるのは“色”より“ライン”

さて、目もと重視のメイクというと、「アイシャドウはどんな色を?」となりがちですが、それもまた失敗のもと。メガネのレンズ越しにアイシャドウの“色”で目もとを強調するのは至難のワザです。

そう、メガネの場合、レンズ越しにも効果的に目もとの印象を強めてくれる“ライン”によるメイクが最適。ただでさえ、レンズやフレームなどメガネと喧嘩しがちなアイシャドウはいっそ省いて、マスカラとアイラインによるラインメイクに切り替えるのが手軽で失敗しないコツなのです。

メガネの日の各アイメイクステップ、気をつけたいポイントは以下のとおりです。

・マスカラ
→メガネに付着したマスカラのダマほど情けないものはありません! 落ちないものを選ぶのが最善ですが、ポロポロとダマになって落ちるタイプよりは、にじんで落ちるタイプのほうが崩れ方がメガネ向きだといえるのではないでしょうか。同じ意味で繊維入りマスカラも要注意です。

・アイライン
→これもマスカラと同じ理由でポロポロ崩れるものよりにじむタイプがベター(もちろん落ちないものが一番ですが)。レンズ越しに見られることを考えて、普段より気持ち強めのラインを入れると効果UP。

以上、メガネメイクのコツをまとめてみました。ポイントをおさえてポジティブメガネライフを目指しましょう!


もっと知りたい! 関連リンク集
マスカラ選び、アイライン……基本を教えて!
→「
All About メイクアップレッスン」へ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。