「ふわふわのクリームが、肌の上でさらさらのパウダーに……」なんてコピーで人気が定着しつつあるアイテムがクリームタイプのアイシャドウ。従来のパウダータイプに比べて、鮮やかで深い発色がその特徴です。

とはいえ、このクリームシャドウを使いこなすにはちょっとしたコツが必要。アイテムの実力を充分に引き出せていない人も多いようです。今回はそんなクリームシャドウの使いこなし術をご紹介します。


クリームシャドウの「いいところ」「悪いところ」

手軽に鮮やかな発色が得られ、薄くのばせば微妙なニュアンスも自在なクリームシャドウ。実はアイシャドウ初心者にこそおすすめしたいアイテムです。まずはその「いいところ」と「悪いところ」をまとめてみましょう。

○いいところ
・パウダーに比べてはっきりと色が出る
・どこまでも薄くのばせるので、単色でグラデーションを作ることも可能
・粉っぽさがなく、しっとりつややかな仕上がり
・パウダーシャドウのベースとしても使用OK

×悪いところ
・つけ方を間違えると、ヨレてしまう
・持続力に欠けることも……

実力を最大限に引き出す「クリームシャドウ活用法」

クリームシャドウ活用のコツは、のせ方・のばし方とヨレ対策。あせらず少しずつのばし、最後にパウダーで押さえるのが基本です。下にまとめた「コツ」を参考にトライしてみてください。

◎使いこなしのコツ
・使用前に、目もとファンデーションのヨレを直しておく
・分量は少なめをとり、徐々に重ねていく
・指でトントンとのせ、こすらないようになじませる
・ぼかす時はチップを使ってゆっくりていねいに
(濃く発色させたいときには直接チップでのせても)
・ヨレを防ぐために仕上げにフェイスパウダーをオン
(パウダーシャドウを重ねれば、仕上がりに深みもプラス)
・まつげのキワに塗り残しを残さないように注意

おすすめクリームシャドウはコレ!

最後に、ガイドおすすめのクリームシャドウをご紹介。クリームとパウダーのアイシャドウがセットになった、アニバーサリーのパーリィ カラーズです。

パーリィ カラーズのクリームベースシャドウは、ちょっと硬めのテクスチャーがその特徴。最初は「のばしにくい……」と感じることもあるかもしれませんが、ていねいにのばせばまぶたにぴったりフィット。ヨレる心配もありません。もちろん、持続力も申し分なし。

こうしたクリーム&パウダーのシャドウセットの場合、同系色のコンビが多いものですが、今回の新色から「14 シャンパンブルー」は、スモーキィなブルーとシルバーパールがたっぷり入ったベージュのはっとする色合わせ。一見意外な組み合わせですが、重ねてもくすまずきれいに発色し、テクいらずで今年流の目もとを作ることができるのです。ぜひ、お試しを!

アニバーサリー パーリィ カラーズ 14 4,000 2003年1月18日発売 (アルビオン)

○商品の詳細はこちらでチェック!
(ブランド名をクリックすると、公式サイトにジャンプします)
アルビオン 0120-114225


もっと知りたい! 関連リンク集
アイシャドウってどうやって入れればいいの?
→「
正解アイシャドウの入れ方」へ
口コミで人気のクリームシャドウって?
→「
コスメ口コミ情報」へ
クリームシャドウを買ってみたい!
→「
コスメのオンラインショッピング」へ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。