十ニャン十色な猫の「寝相写真」を大募集

安心しきって眠る猫たちの姿を見ていると、ほっこりとした気持ちになりますね。時には、「その体勢、辛くないの……?」と突っ込みたくなるのは猫飼いあるある。
 
今回、All Aboutでは思わずキュンとしてしまう「とっておきの寝相写真」を募集。飼い主さんがしている睡眠時の工夫も併せてご紹介します!

 

寝床の工夫も必見! クスッと笑える猫の寝相3選

猫の寝相001

「へそ天」で熟睡するサビ猫チハちゃん

安心感MAXの「へそ天」すやすや
チハちゃん(MIX・1歳)
寝る時は、いつも上を向いてお腹を丸出し。猫優先にしているので、布団で寝ていたら起こさずにそのまま寝かせています。【飼い主さん:@mtkzm0711】

猫にとって内臓がつまっている腹部は弱点であるからこそ、一番無防備になる睡眠時にお腹を見せるのはこれ以上ない信頼の証。こんな姿が見られるのは日頃から飼い主さんがチハちゃんの睡眠を邪魔しないよう、猫ファーストな生活を心がけているからだといえます。

>>すべての画像を見てみる!
 

猫の寝相002

夏でもべったりな仲良し兄妹なつくん&ゆずちゃん


猫用ベッドでべったりする仲良し兄妹
なつくん(MIX・5歳)
ゆずちゃん(MIX・5歳)
ベッドは春夏、秋冬用で使い分け。秋冬用のベッドはふたりにフィットするものを友達に手作りしてもらいました。熟睡しているときはなるべく邪魔しないようにし、ふたりが快適に眠れるようにすべての部屋にベッドを置いています。【飼い主さん:@chie4869】

仲良し兄妹のなつくんとゆずちゃんは体を寄せ合うことで猫用ベッドの隙間をなくし、より安眠。猫は体にぴったり密着するギリギリサイズの箱やカゴを好む傾向があるため、手作りしてもらったというジャストサイズのベッドはナイス。安心感が高まり、快適な睡眠に繋がります。

共に「へそ天」で眠るふたりは、互いを「安心できる存在」と認識しているよう。季節ごとに猫用ベッドを変更する、どこでも寝られるようにするといった飼い主さんの工夫もグッドです。

猫の寝相003

クスっと笑っちゃう幸ちゃんの「壁ペチャ」


壁ドンならぬ「壁ペチャ」でうとうと
幸(こう)ちゃん(アメリカンカール・6歳)
パソコン作業中、ふと見ると壁ドンならぬ「壁ペチャ」で寝ていて思わず撮影。何かに顔面をつけて寝るのが好きみたいです。快適に睡眠をとれるよう、リラックスできる場所を確保しています。【飼い主さん:@happy29718637】

壁に頭をくっつける幸ちゃんの寝相は、なんともコミカル。もしかしたら、「パソコンの画面はちょっぴり眩しいけれど飼い主さんの傍で眠りたい……」という葛藤の末に生み出された、愛が溢れる寝相だったのかもしれません。
 
ちなみに、顔を下に向ける「ごめん寝」ポーズで眠る時や手で目を隠す時も眩しいと感じている可能性があるので、頻繁に行う場合は照明を落としたり、光が当たりにくい部屋に猫用ベッドを設置したりしてみましょう。

 

熟睡中はできるだけ構わない

猫に快適な睡眠をとらせてあげるには猫用ベッドの素材や大きさ、設置場所にこだわったり、愛猫の「眠りたい」という気持ちを考慮した行動をとることが大切。テレビの音量を小さくするなど、些細な工夫も盛り込んでいきましょう。
 
なお、猫も人間と同様に睡眠中は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返していますが、警戒心が強い動物であるため、レム睡眠の時間のほうが長いといわれています。そのため、丸まったポーズであることが多いノンレム睡眠時は猫にとって熟睡できる大切な時間。見つけた時はできる限り構わず、そっとしておいてあげましょうね。