60歳以上も働いている人の平均年収はいくら?

60歳以降も働く人が増えています。健康寿命が延び、元気な高齢者が増えたことはもちろん、社会と関わりたいという思いで働いているようです。また、リタイア後の家計のために少しでも貯蓄をしたいという思いもあるでしょう。では、60歳以上も働いている人の平均年収はどのようになっているのでしょうか?

【コチラもぜひご覧ください!マネーガイドの福一さんが老後の働き方を動画で解説】


 

正社員年収 60代前半490万円、60代後半410万円、70代380万円

60歳以上の正社員、非正規社員別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和2年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)60歳以上の正社員、非正規社員別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和2年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

上の表は、60歳以上で働き給与を得ている人の正社員、非正規社員別の平均収入です。正社員では、60歳から64歳で年収493万1000円、65歳から69歳で417万800円、70歳以上で386万4100円でした。
 
この調査では、55歳から59歳の平均年収は638万円でした。この55歳から59歳の平均年収と比べると、60歳から64歳77.2%、65歳から69歳65.3%、70歳以上60.5%と減ってはいるものの6割から8割弱を得ています。正社員で仕事を続けていると、高収入を維持できるようです。
 

非正規社員  60代前半351万円、60代後半295万円、70代275万円

非正規社員のほうは、60歳から64歳で年収351万9400円、65歳から69歳で295万2600円、70歳以上で275万9100円でした。
 
非正規社員の平均給与は、労働時間など条件が違うとはいえ、正社員よりは少なく、特にボーナスは大きな差となっています。
 

正社員男性 60代前半の平均年収528万円

60歳以上の正社員の男女別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和2年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

60歳以上の正社員の男女別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和2年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

上の表は60歳以降の正社員の男女別の平均年収です。60歳から64歳の男性の平均年収は528万1000円。現役世代にひけをとらないかなりの高収入となっています。
 
いずれも女性の方が少ないとはいえ、60歳以降も年収350万円から400万円を稼げるのは無収入とは大きな差がでてきます。
 

非正規でも女性70歳以降の年収234万円

60歳以上の非正規社員の男女別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和2年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

60歳以上の非正規社員の男女別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が計算。出典:令和2年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

こちらの表は、非正規社員の男女別の平均年収です。60歳から64歳の男性の平均年収は396万9000円。正社員の528万円からは100万円以上減ってはいますが、400万円近くの収入があります。
 
70歳以降の女性でも平均年収234万2000円と、働く環境は厳しくなりそうなところですが、しっかりと収入を得ているようです。元気で働く意欲さえあれば、年収200万円程度の収入が得られる可能性があることがわかります。
 

大学院卒は年収1000万円超えも

60歳以上の正社員、非正規社員の最終学歴別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が集計。出典:令和2年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

60歳以上の正社員、非正規社員の最終学歴別の平均年収。決まって支給する現金給与額×12+年間所与その他特別給与額を年収として筆者が集計。出典:令和2年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

最後に最終学歴別の平均年収をみてみましょう。大学院卒の給与が、他の学歴と大きく差がでています。正社員で年収1000万円、非正規でも年収700万円ほどとなっています。大学院卒というと、医師や薬剤師など専門的な職業についている人も多いでしょう。特別な資格や技術があると、高齢者でも年収1000万円が望めそうです。
 
60歳を過ぎても働いている人は、現役時代よりは少ないものの、きちんと収入を得ている人が多いことがわかりました。健康で働く意思があれば、年収250万円から300万円ほどは得られる職場があると考えられます。老後に安心した生活を送るためにも、長く働く選択肢をもつことが大切といえるでしょう。

【関連記事・動画をチェック!】
60歳でリタイアしても大丈夫なのはこんな人!3つの条件って?
60歳で辞めたいならやっておくべき5つのこと



【福一さんが、お金の悩み相談にアドバイス!】

 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。