コロナ禍でもパートナーを求める人はたくさんいます。むしろコロナ禍で人と会うことが難しくなったからこそ、独りの寂しさを実感し、以前より恋人や家族(伴侶)を求めるように変化したのではないでしょうか。

コロナ以前の出会いといえばリアルが基本。婚活市場においても、イベント(お見合いパーティーや街コンなど)が盛んでした。しかし現在は「自宅にいながら出会える」マッチングアプリが主流に。果たして、マッチングアプリで本当に出会えるのでしょうか。今回は、ネットの出会いに懐疑的な方のために、実際にネット婚活で再婚した筆者が「出会うための大事なポイント」を伝授します。
 

「ネットの出会い」だから気をつけたいこと

マッチングアプリでの恋愛は、慎重すぎるくらいがベスト

マッチングアプリでの恋愛は、慎重すぎるくらいでOK

ネットの出会いにおけるトラブルで最も多いのは、意識のズレと金銭問題。女性ならばヤリモク(カラダ目的)、男性ならばサクラ(別の有料サイトへの誘導)だけは避けたいところ。真面目な出会い目的ではない人は、時間をかければわかります。プロフィールで好印象でも心配だと思うならば、リアルで会うまでのやりとりに時間をかければいいのです。

ヤリモクな男性もサクラな女性も、カモ相手に無駄な時間をかけたくありません。真面目な出会いを求めているならば、好意を抱いた相手とのコミュニケーションを面倒とは思わないはず。LINE通話やSkypeなど、顔が見えるビデオチャットを提案してみるのもいい方法。断るような人とはリアルで会わないと決めれば、怪しい出会いをフィルタリングすることができます。

共通の知り合いもいないネットの出会いは、慎重すぎるくらいでOK。疑われることを不快に思うような相手とは「ご縁がなかった」でいいのです。本当にいい人ならば、慎重になる相手の気持ちを考慮し、信頼を得るよう気を配ってくれますよ。
 

モテている時期も冷静に。己を知れば、自分に合う人を見つけられる

マッチングアプリによる出会いは「相手からのいいね(ハート)をもらう、またはあげる」⇒「メッセージのやりとり、ビデオチャットや電話などのコミュニケーション」⇒「リアルでの初デート」といった流れになります。アプリによって初期アクションは異なるものの、リアルなデートに至るまでは、相手を値踏み(フィルタリング)する段階です。

マッチングアプリは、どこも新規登録時に注目されやすいアルゴリズムとなっているため、登録してから2週間くらいは放置していてもメッセージがたくさん来るでしょう。そんなモテ期のうちにいろんな人とメッセージのやりとりをして、アプリの使い方に慣れるのがポイント。

どんなプロフィール(スペック)の人がいいと感じるか、どんな顔が好みか、どんなメッセージを送ってくる人に好感を抱くか。マッチングアプリによって多くの人を観察することで、あなた自身が「どんな人とつき合いたいのか」知ることができます。

好みでない相手からアプローチされて断れなくなったり、誰ともデートに進展せず時間ばかり経ってしまわないためには、自分が望む恋愛と好みのタイプをきちんと把握しておくこと。相手を知ることより己を知ることのほうが、いい恋愛をするための近道です。
 

ネット越しでも相性はわかる。やりとりしながらじっくり観察しよう

少しでも違和感を感じたら、「会わない」が吉

少しでも違和感を感じたら、「会わない」が吉

いくら多くの人と出会っても、自分と合う人はそれほど多くないはず。筆者は100名以上の人とメッセージのやりとりをしましたが、実際に会うところまで進展した人は2割くらいでした。今はコロナ禍ということもあり、リアルでのデートへ進展するのは難しいと思います。しかしこの悪条件も、相手の価値観を知るチャンスではないでしょうか。

コロナが収束するまで会わない方がいい人、コロナ禍でも気をつけて短時間でも会いたいと思う人、コロナなんてまったく気にせず普通に会いたい人……。それらの価値観が自分とズレている人とは、おそらく親しくなっても「おや?」と思う意識のズレが起こりやすいと筆者は考えます。

逆に、最初からお互い無理に合わせることなく、物事に対する捉え方が同じ(近い)人ならば、根本の相性がいい可能性は高いでしょう。筆者の知る限り、似たような環境(出身地、家庭環境など)で育ってきた人とは、価値観が合うケースが多いですね。
 

「誰も見ていないから」裏表のある振る舞いが、いい出会いを逃す

マッチングアプリにおいては、出会いも複数が並行しがち。「この人がダメでも他にいい人がいる」という意識は心の余裕を生みますが、些細なダメ出しで安易に関係を切ることは、あまりお勧めしません。

ネット越しとはいえ相手は生身の人間、しかも「いい出会いを求めている」同士です。たとえ自分とは合わなくても、次にいけるよう優しくきちんとお断りすること。自分がされたらイヤなこと(スルーして放置するなど)はしないように。

Aさんを無視してBさんにアプローチしていたら、ふたりは友人同士で情報交換していた……なんてケースもあります。誰も見ていないところでも誠意ある振る舞いができる人が、いい人と出会えるのです。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。