優しい女性は世代を問わずモテます。だけど好みではない男性にモテてしまうことも……

優しい女性は世代を問わずモテます。だけど好みではない男性にモテてしまうことも……

いくらアラフィフになろうと既婚者になろうと、異性に優しくされれば嬉しいもの。チヤホヤされれば気分もいいし、生活にもハリが出ますよね(笑)

若いときのモテるタイプと、大人になってからのモテるタイプは異なります。それでも10代や20代の頃にモテていた人は、不思議と年齢を重ねてもずっとモテるものです。逆に、若い頃モテなかったけど、大人になってモテるようになる人もいます。「モテ」は独特の概念。同性に人気があっても異性にモテるとは限らないし、たとえ異性にチヤホヤされようと恋人が途切れないわけではありません。

では、筆者と同じアラフィフ世代におけるモテる女性というのは、どんなタイプでしょうか。実際にモテている女性(複数)より考察してみました。
 

アラフィフになってもモテる女性の特徴1:誰にでも優しい

笑顔と楽しい話題を提供できるアラフィフ女性は、年下の男性からも人気です 

笑顔と楽しい話題を提供できるアラフィフ女性は、年下の男性からも人気です 

年齢に関係なく、誰にでも優しく接することのできる女性は、いつの時代もモテるもの。
女性に積極的にアプローチできない(いわゆるモテない)男性ほど、女性のほうから優しく接してもらえることに喜びを感じます。慣れていないからこそ、些細な親切ひとつで惚れてしまわないとも限りません。

八方美人なタイプは、モテると同時に「(好みじゃない人からも)モテて困る」羽目になりがち。そんな女性を嫌う女性もいるので、誰にでも優しくすればいい、というわけでもないようです。
 

アラフィフになってもモテる女性の特徴2:気遣いができる

いわゆる「気が利く」人は、老若男女問わずモテます。特に仕事においては、上司や部下から慕われます。

気遣いは、一朝一夕に身につくスキルではありません。むしろ人生経験が豊かなアラフィフだからこそ、蓄積された知識や経験を生かした気遣いができるようになるのでしょう。若い子には真似できない、大人ならではのモテ要素といえるでしょう。
 

アラフィフになってもモテる女性の特徴3:情緒が安定している

キャピキャピした雰囲気がモテるのは若いうちだけ。大人の女性に求められるのは、落ち着いた雰囲気です。逆に、日によって態度が急変したりヒステリックになりがちなアラフィフ女性は、腫れもの扱いされてしまうことも。

アラフィフ女性は更年期ど真ん中。メンタルが揺らぎやすい時期ではありますが、上手にコントロールするよう心がけて。情緒が安定した女性は、接しやすく好感度が高いです。
 

アラフィフになってもモテる女性の特徴4:いつも機嫌がいい

アラフィフ女性の魅力のひとつは頼もしさ。包容力のある女性がモテるのです

アラフィフ女性の魅力のひとつは頼もしさ。包容力のある女性がモテるのです

誰だって、不機嫌な人よりいつもご機嫌な人と仲良くしたいもの。笑顔の絶えない人、運がいい人のそばにいると、自分もいい気分になります。

いつも機嫌よく見える人にも、イヤなことがあったり悲しい出来事は起こっているはず。だけどそれを周囲に当たり散らしたりせず、いつもご機嫌で過ごせるように工夫しているのです。

自分の心に素直であることも大切ですが、マイナスの感情を垂れ流すのは幼稚な振る舞い。
感情は伝染します。大人のアラフィフ女性としては、不機嫌さよりも笑顔を伝染させたいですね。
 

アラフィフになってもモテる女性の特徴5:包容力/頼りになる

たとえば同僚の男性がデスクでコーヒーをこぼしてしまったとき。さっと素早く拭くといったフォローができる女性は愛されます。
男性の失敗や欠点を許し、助けてあげられる女性は少数派。いわゆる姐御気質なタイプは、男性にとって頼もしい存在です。

父性を刺激する年下の甘えん坊なタイプがモテるのは、若い女性ならでは。アラフィフの女性に求められるのは、母性的な包容力です。男性を甘えさせられる余裕も、大人の女性だから発揮できる魅力ではないでしょうか。

今回は、5つのモテるアラフィフ女性のタイプをピックアップしました。逆にモテないアラフィフ女性は、この5つ全部に当てはまらない「大人ならではの魅力」が欠けている「年齢は大人なのに、中身が幼稚」なタイプではないかと筆者は推測します。

モテるかどうかと恋愛経験の豊富さは、必ずしも比例しません。しかし恋愛を通じて深い人間関係を築いた経験により、大人の女性は他人への優しさやコミュニケーションのスキルがレベルアップしているのではないでしょうか。アラフィフだからって、モテなくなるということはありません。人間的な魅力が磨かれていけば、いくつになってもモテるのです!
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。