数秘&カラーとは、統計学の数秘学とカラーセラピーを融合させて日本で誕生しました。生年月日を基にして、その人の持つ特性や運気を知るのに活用できます。
 

その年の持つ数字がカギになる

数秘&カラーでは、生年月日を使ってその人がどのような特性を持っているのか、特定の年の運気を知るのに役立てることが可能です。

数秘学にはいろいろな流派のようなものがあり、名称に違いがあります。基本、生年月日を計算して特定の数字を導き出すのですが、数秘&カラーではどのような人生を歩むのかを指し示す言葉をライフパスといいます。そして、特定の年の運気を指し示す言葉をパーソナルイヤーといいます。
 

パーソナルイヤーの計算方法

数秘&カラーでは1年の運気をパーソナルイヤーというのですが、1~9の数字を用いてその年がどのような年になるのかを表しています。
 
計算式は、知りたい年+誕生月+誕生日=パーソナルイヤーです。
パーソナルイヤーは1~9ですので、すべてを足して1桁になるまで計算します。
 
数秘&カラーでは、1~9の数字を用いてその年がどのような年になるのかを表しています。計算式は、「知りたい年+誕生月+誕生日=パーソナルイヤー」です。

パーソナルイヤーは1~9ですので、すべてを足して1桁になるまで計算します。たとえば、11月26日生まれの人のパーソナルイヤーを見てみましょう。
  • 2021年+11月+26日=2+0+2+1+1+1+2+6=15
1桁になるまで計算するので……1+5=6

つまり、11月26日生まれの人の2021年のパーソナルイヤーは「6」になります。ただし、その年の誕生日が来るまではその前の年の運気となりますので、誕生日が来るまでは-1をした数字がパーソナルイヤーとなります。この例では、誕生日がくるまでのパーソナルイヤーは「5」になります。
 
ここからは2021年5月に絞って、金運アップ&ツキをアップさせるための、個人別のアクションを見ていきましょう。
 
2021年5月数秘&カラー

5月の運気を知って、充実した連休になるよう計画を立てよう

 

パーソナルイヤー別! 5月の 金運アップアクション

■パーソナルイヤー1
GWなどの大型連休があり、何をして過ごそうかと計画している人もいるのではないでしょうか? 今年のGWは家族と過ごすことで運気はアップ。離れている家族にも電話やビデオ通話などをして、コミュニケーションを図ることをおすすめします。
 
■パーソナルイヤー2
気になっているものの後回しにしていることがあるなら、今月中に取り組むとよいでしょう。この時期は仕事や勉強がはかどります。スキルアップのための時間を確保してください。友達などのお付き合いを優先すると、運気は下がってしまいますので注意しましょう。
 
■パーソナルイヤー3
お金が大きく動く時期です。ただ、その場の雰囲気に流されて買い物するのはNG。じっくり考えてください。この時期は不動産など高額な買い物にも適していますので、購入を考えているのなら、オンライン相談会などに参加してもよいですね。
 
■パーソナルイヤー4
仕事やプライベートでの頼みごとが増えてしまいそうです。面倒だなと思っても、すぐに断るのではなく、どうして自分に頼むのか?相手の声に耳を傾けてください。その後、どうするのか判断をすると、自分にとってプラスになってきますよ。
 
■パーソナルイヤー5
まとまったお休みが取れるなら、今まで気になっていたことにチャレンジしてみましょう。また、イベントを考えているのなら、幹事をかって出て、自らアレンジするとよいかもしれません。とはいえ、未だコロナ禍です。安全対策を反映した手腕を発揮してくださいね。
 
■パーソナルイヤー6
やりたいことがあったら、積極的にチャレンジするとよい時期です。ただし、自分のことばかりを考えての行動に走ってしまいがち。家族や友達など、周りの人たちにも配慮しつつ、チャレンジすると、思わぬサポートが受けられますよ。
 
■パーソナルイヤー7
自分は自宅でのんびりしていたいのに、友達や周りの人から誘いを受けるかもしれません。ちょっと気が進まなくても、誘いには乗ってください。ただし、夕方以降は、パワーが落ちてしまいます。日中の自分の生活に支障がない範囲で対応しましょう。
 
■パーソナルイヤー8
この時期は、周りの人から良い話を聞けるかもしれません。ビジネスでの成功を考えているのなら、積極的に声掛けをし、コミュニケーションを取りましょう。ただ、対面でのコミュニケーションをほどほどにしないと、常識のない人と思われてしまいますので気を付けて。
 
■パーソナルイヤー9
この時期は、海や水辺などの涼しげな場所にツキがあります。機会があるなら、リフレッシュを兼ねて、近場の水辺を訪ねてもよいですね。とはいえ未だコロナ禍です。ちょっと心配というのなら、ビーチがたくさん出てくるような映画などを見るのがおすすめです。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。