カロリー50%カット!?いやそれはいくらなんでもムリっしょ!もともと発酵させるのに炭水化物が必要で、しかも主要な成分がエネルギーのかたまりアルコールですよ。たとえ小泉孝太郎が宣伝しても信じられん…。テレビコマーシャルを見た段階では私の中で???だった発泡酒がサントリー(株)より発売されました。商品名は「ダイエット<生>」

ということでさっそく飲んでみると味の方は思った以上になかなかのものです。またカロリー50%の訳も、アルコール度3.5%と通常の発泡酒の6割程度に抑えられているので納得!発泡酒の場合カロリーの半分以上はアルコール由来のものなので、アルコール度数を低くするとその分カロリーが減るのです(ちなみにアルコールのカロリーは約7kcal/g)。

ただし、この発泡酒、ダイエットの名を語るだけあって、その細部にいたるまでのこだわりにはまさに脱帽ものです。まず、通常どの発泡酒にも含まれている甘味料は、(日本での認可が)最新のアセスルファムK(カリウム)とスクラロースが使われています。アセスルファムKはダイエットペプシ(こちらもサントリー(株))などに使われている甘味度が砂糖の200倍以上で砂糖に良く似た味の(個人的に私も好きな)人工甘味料です。また、スクラロースはショ糖を原料にして作られる甘味料ですが、甘さは砂糖の600倍、すなわち同じ甘さにするのに600分の1ですむというダイエットにありがたい甘味料なのです。

さらに、脂肪の合成を抑制すると言わるガルシニアなんかが入っているのはダイエット心をくすぐるし、最終的な炭水化物含有量を通常の3分の1以下の1.1g(100mlあたり)にできたところなんて技術的にスゴ過ぎる!!

いやあ、ホント飲めば飲むほど誉めたくなるぞぉ!!!…ってお前今飲んでるのかって?

まだ、2本目っス…。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。