サラダにお寿司、デザートまで! 母の日にぴったりの華やかレシピ

今年の母の日は、感謝の気持ちを込めて、手作り料理をプレゼントしませんか? 前菜のサラダにメインのお寿司、デザートまで揃えたら母の日の食卓は完璧! 簡単に作れて、華やかで美味しい母の日メニューのレシピです。
 

1:ブーケサラダ

母の日レシピ ブーケサラダ

ブーケサラダ(出典:簡単華やか!ブーケサラダの作り方

母の日のプレゼントにぴったりの、華やかなブーケサラダ。ラッピングシートに具材を置いていくだけで簡単に作れます。最後にリボンで結んで、本当の花束のように可愛く仕上げます。 レタスをちぎって立体的に重ねることがポイント! スモークサーモンのかわりにハムなど、お好みの具材とドレッシングで仕上げましょう。

【作り方】2人分
  1. リーフレタス2枚は冷水にさらしてシャキッとさせ、水気をしっかり切る。ミニトマト2個は1/4等分に切る。ブロッコリー1/4個は小房に分け、熱湯で茹でる。空豆(さやつきで200g程度)はさやから取り出し、薄皮ごと塩小さじ1を加えた熱湯で2分茹で、冷めたら薄皮をむく
  2. スモークサーモン6枚は端からクルクルと巻き、花形に整える。卵1個は固めに茹でて殻をむき、ザルで漉してミモザの花のようにする
  3. お皿の上にラッピングシートをのせ、リーフレタスを何枚かにちぎってふんわりと敷く。他の野菜とスモークサーモンを彩りを意識しながらのせ、最後にミモザの卵を散らす。ラッピングシートの両端を束ねて円錐状に整え、リボン等で根元を留めて、完成
 

2:薔薇のアップルパイ

母の日レシピ 薔薇のアップルパイ

薔薇のアップルパイ(出典:餃子の皮で! 薔薇のアップルパイの簡単レシピ・作り方

薔薇の花の正体は、りんごと餃子の皮! 20分で簡単に作れるアップルパイです。パイ皮の代わりに餃子の皮を使うので、いつものアップルパイよりもヘルシーに仕上がります。見た目の可愛らしさで、おもてなしにもぴったり。最後に粉砂糖やシナモンパウダーをかけて、本格的な味わいを再現!

【作り方】3個分
  1. りんご(Lサイズ)1/2個は、芯をくり抜いて2mm厚に切り、耐熱皿に斜めにずらしながら並べる。グラニュー糖小さじ2とレモン汁小さじ1をふりかけ、バター6gをのせて、600Wの電子レンジで3~3分半加熱する
  2. 餃子の皮9~12枚はハサミで半分に切る。プリン型(またはカップケーキ型)の底を中心にバターを薄く塗る
  3. 餃子の皮1枚にりんご1枚をのせ、端を1cmぐらい重ねながら、6~8セット並べ、端からグルグル巻いていく
  4. 巻いたら型に入れて、花の形を整える。真ん中があいていたら、小さいりんごをクルリと巻いて差し込む。耐熱皿に残っているシロップを花の上に回しかける
  5. オーブントースターに入れて15分焼く。焼き色がついたら、焦げないようにアルミホイルをかぶせる。焼き上がったら取り出し、粗熱を取って型から外す。お好みでシナモンパウダーと粉砂糖を混ぜたものをふりかけて、完成
 

3:三色箱寿司

母の日レシピ 三色箱寿司

三色箱寿司(出典:母の日の三色箱寿司

並んだ小さなサイズの箱升が可愛い、簡単で優しい味わいの三色箱寿司はお祝いメニューにおすすめです。カニ缶、大葉、白ゴマのちらし、うなぎの蒲焼と厚焼き玉子、うどの和え物の3色が、母の日の食卓を華やかにしてくれます。季節の草花を添えて、おもてなししましょう!

【作り方】4人分
  1. ご飯2合を普通に炊き上げ、蒸らした後、2等分に分ける。半分は釜に残し、もう半分は器にうつして、温かいうちに、酢大さじ2、砂糖大さじ1、塩小さじ1/4を混ぜた合わせ酢を加えて酢飯をつくる
  2. カニの缶詰1缶(約75g)は水気を絞る。大葉5枚は千切りに。酢飯にカニ缶、大葉、炒り白ごま大さじ1/2を入れて混ぜ合わせる
  3. 約8cm角(1合)の箱升に【2】をふんわりと盛り付け、お好みで刻み海苔をふりかける
  4. 釜に残しておいたご飯の上にうなぎの蒲焼10cmをのせ、蒲焼にお酒大さじ1を振りかける。蓋をして10分ほど蒸らす
  5. 温まった蒲焼を取り出し、温かいご飯に蒲焼のタレ大さじ1と、生姜のみじん切り大さじ1を混ぜ合わせる
  6. 箱升に入れ、4等分の蒲焼と卵2個に砂糖大さじ2と塩小さじ1/4を加えて作った卵焼きをのせる。仕上げに木の芽を飾る
  7. うどの和え物を作る。うど約25cmは皮をむき、約4cm長さの短冊切りにする。水200mlに酢小さじ1を加えた酢水に漬けておく
  8. 白味噌大さじ1とマヨネーズ大さじ1を合わせ、水気を切ったうどを和える。箱升に大葉を2枚敷き、和えたうどを盛り付ける
 

4:フルーツ大福

母の日レシピ フルーツ大福

フルーツ大福(出典:母の日に贈りたいフルーツ大福バラエティー

電子レンジで簡単に大福を手作り! 電子レンジにかけただけの餅はすぐに固くなってしまいますが、ひと手間かけて柔らかさが持続する大福を作ります。中に餡、ゴマあん、芋あんを入れて旬のフルーツをトッピング。カラフルな色が楽しいだけでなく、色々な味が楽しめます。甘い餡と酸味のあるフルーツなど、お気に入りの組み合わせで作ってみましょう。

【作り方】8個分
  1. 耐熱容器に切り餅4個を並べ、ポットで沸かした湯をひたひたに(180cc程度)注ぎ、蓋かラップをして600Wの電子レンジに2分30秒程かける。餅が十分柔らかくなったら、後で使うので湯をカップにあけて取っておく
  2. 水でぬらしたすりこ木(またはスプーンやヘラ)で餅を練り、砂糖大さじ1.5を加えて更に練り合わせる
  3. カップに取り置いた湯を大さじ2杯加え、電子レンジに10秒かけて練る。更に湯を大さじ2杯加えてレンジに10秒かけて練り合わせ、最後に大さじ1~2杯の湯を加えてレンジにかけ、水飴のような柔らかさにする
  4. 片栗粉を敷いた上に餅を取り出し、細長くまとめて8等分する。餡250gも適量ずつ丸めておく
  5. 手に片栗粉をつけながら餅を丸く伸ばし、餡を包んで手の平の上で形を整える。
  6. とても柔らかいので、餅を丸く伸ばしたら放置して、少し硬くすると包みやすい
  7. 大福の上に、苺を押し込んだら、イチゴ大福の完成
  8. 黒すりゴマ、ゴマの半量程度の砂糖、塩少々、しょう油少々を混ぜ、電子レンジに砂糖が溶ける程度かけて混ぜ、ゴマあんを作る。餅生地でゴマあんを包み、頭をギザギザに飾り切りしたキウイをのせたら、キウイの胡麻大福の完成
  9. 餅生地で栗の甘露煮を包み、大きく切ったバナナを差し込んだら、バナナの栗大福の完成
  10. さつまいもを電子レンジにかけ、柔らかくなったら皮をむいてスプーンでつぶす。芋の半分程度の砂糖と塩少々、みりん少々を加えて混ぜ、電子レンジに少しかけて混ぜ、もう一度レンジにかけて混ぜて丸める。餅生地で包み、栗の甘露煮をのせたら、芋栗大福の完成
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。